そりゃ、辛いさ!

残業に夜勤に、複雑な人間関係に不穏に転倒にインシデントレポートに…

あぁ、もう嫌!こんな生活!

ごもっとも。日々、お疲れさまです。

楽な方法を探そう!自分で自分の首を絞める3大要因

現状を変えるには、まず現状の見直しです。

自分は終わっているのに帰れない…

自分の業務が終わっても、先輩や同僚がまだ残っていると何となく「先に帰ります」なんて言えなくて…そんな付き合い残業はないですか?

何となくいつも早い時間に行っちゃう…

昨日と同じ担当患者さん。情報収集にあまり時間は必要ないのに、何となく自分だけ遅く行くのは気が引けますよね。

やることは特にないのに、始業開始時間の何十分も前に職場に行ってしまうことはないですか?

落ち着いたらやろうと思ってたのに!

面倒な処置は、後回しにしてしまいがち。結局、やるタイミングは見つけられず、それが残っているせいで他の業務の段取りもうまくいかなかった!てこと、ありますよね。

面倒な処置ほど、隙をみて早めに片付けてしまいましょう。

「日々の業務に精一杯で、見直す余裕すらないよ!」もよくわかりますし、「自分だけ先に帰るのはちょっと…」も分かりますが、一番大事なのは自分です。
固定観念にとらわれず、まずは自分の仕事がどうしたら楽になるのかを考えてみましょう。

やっぱムリっ!!

それでもやはり、どんなに頑張っても改善できない!忙しすぎる!というケースがあると思います。それなら、辞めてしまいましょう。

看護師の資格を持っていることのメリットは、自分のワークライフバランスに合わせて職場を自由に選べることです。常勤、パート、バイト、病院、クリニック… 働き方は選び放題、働き先も山ほどあります。

私自身も出産を期に、病棟から外来へ異動になりましたが、異動になってあらビックリ!やり甲斐もあるし、残業も多少あるけど業務がラク!「今までの仕事はなんだったんだ!早くコッチに来れば良かった!」と、目からウロコの気持ちになったものです。

みなさんも、さぁ!外に目を向けて!仕事ってツラくないんだ!と思える職場は世の中に溢れていますよ!