注射は誰でも嫌いだと思いますが、子供は特に怖がりますよね。

しかし、子供は予防接種を何回も打たなければならず、嫌がる子供をなだめるのに親も医療スタッフも苦労します。小さな子供ならこちらも力ずくで押さえて注射を打つことも出来ますが、ちょっと大きくなった子供の場合はそうはいきません。

予防注射を何回も経験して、痛いものだという記憶が残ってしまっているので怖がるのも無理はないです。本当に小さいうちは何をされるか分からず、キョトンとしているうちに打たれて、痛くてびっくりして泣き出す子供もいます。

なので、注射の痛みを少しでも軽くして恐怖心をなくす工夫をしている病院があります。

注射に対する恐怖心をなくす工夫

注射する前に注射部位の皮膚に保冷剤を当てて十分に冷やす

そうすると保冷剤によって肌が冷たく冷やされているので注射時の痛みを感じにくく、予防注射の時に大泣きする子供が大幅に減ったそうです。また、予防注射があまり痛くないとわかると注射の時に嫌がって暴れることもなく、おとなしく注射を打つことが出来るそうです。

診察室から子供の泣き声がすると、待合室で待っている予防注射待ちの子供たちも怖がって診察室に入ることさえ嫌がってしまうことがあります。

しかし、予防注射を終えて診察室から出てくるとき何事も無かったかのような平気な顔をしていると、待っている子供たちも恐怖心が消えますよね。

注射は痛いものだから仕方がないと押さえつけて無理やり注射をしようとすると、病院へ行くと痛くて怖いことをされるという経験だけが残ってしまい、病院嫌いになってしまいます。

注射後にはご褒美を渡す

多くの小児科・耳鼻科などでは、診察後や処置後にご褒美としてシールを渡しているところがあります。私も歯医者嫌いでしたが、シール欲しさに頑張って通っっていました。

「物でつる」というイメージを持つかもしれませんが、子供には意外に効果的です。

病院嫌いにならないためにも、保冷材を使ってあらかじめ注射部位を冷やすとか、注射後はご褒美にシールやちょっとしたおもちゃをあげるなどの工夫をしているところは多いと思います。

結局は、いかに子供に恐怖心を与えず安全に注射が出来るかということが大切ですね。