兵庫県の病院の託児所設置傾向

託児所が完備されている病院で働くということであれば、看護師の仕事と育児を両立しやすくなります。兵庫県においても、託児所付きの病院が増えてきています。

看護師という仕事をしながら同時に育児もすることは、体力的にも精神的にも大変です。兵庫県では神戸市内の求人がとくに多くなっているほか西宮市や尼崎市、宝塚市、伊丹市、高砂市、芦屋市、姫路市、加古川市、明石市などでも託児所付きの病院で看護師求人が出されています。

まだ24時間保育に対応している病院の数は限られていますが、近くに祖父母などの家族がいなくて子どもを預けることができないという看護師にとっては、重要なポイントになります。

24時間保育というだけでなく、託児所が魅力的であるとして評判になっている病院からの募集もありますし、小学校の夏休みや冬休みなどの長期休暇中にの学童保育を実施している病院の求人も見られます。

子育てに理解がある病院では育児休暇取得率が100%、職場復帰率が90%といった数字もあり復帰後は非常勤で働いて、育児が落ち着いてからまた常勤で働くなどというケースもあります。

兵庫県の託児所付き病院一覧

恒生病院「いちご保育園」(神戸市北区)…生後6ヶ月から就学前までが対象になっていて、午前8時から午後6時までの対応です。日曜日と祝日は休みですが、最大で午後7時までの無料延長が可能です。直営ですから、ママさんナースも安心して働くことのできる環境です。

宮地病院(神戸市東灘区)…日勤帯だけですが託児所があり、さまざまな働き方を推奨しています。

佐野病院(神戸市垂水区)…パート職員も利用することができ、0歳からの預かりが可能で24時間保育の託児所があります。

笹生病院(西宮市)…非常勤でも利用することのできる24時間体制の託児所が、完備されています。年齢別のクラスもあり、安心して預けることができて人気もあります。

西宮協立脳神経外科病院(西宮市)…24時間保育の院内保育所があります。夜勤明けの夕方4時まで預けることができるため、勤務が終わって買い物や家事を済ませてから子どもを迎えに行くことも可能です。

西宮渡辺心臓血管センター(西宮市)…生後6ヶ月から利用可能で、24時間専任の保育士が担当している院内保育所があります。

宝塚病院(宝塚市)…24時間体制の託児所があり、長いキャリアプランの中でも万全のサポート体制が整っています。

井野病院(姫路市)…病院から南へ100mの距離に24時間託児所があり、認定こども園となっています。新園舎もオープンされました。

入江病院(姫路市)…2011年に改築された、新しい24時間託児所があります。2人以上預けても月の上限額は15,000円となっていて、小学生の学童保育も託児所と別の建物で運営されています。

松本病院(加古川市)…月額1万円で、24時間対応の保育施設所があります。

いなみ野病院(加古川市)…病院敷地内に、24時間対応の保育所があります。預けるだけでなく、子どもに優しい保育を受けることができます。

はりま病院(加古郡播磨町)…いなみ野病院併設の保育所があって、はりま病院でも利用することができます。2012年に建てられたばかりで、広い庭園もあって充実した環境です。

兵庫県の病児保所室付き病院一覧

高砂西部病院(高砂市)…播州エリアでは唯一、病児保育に対応できる24時間託児所があります。2013年4月から学童保育にも対応していて、小学校までバスでの送迎もしています。

市立伊丹病院(伊丹市)…0歳から6歳まで対応していて、保育時間は午前8時から午後6時30分までです。午後7時までの延長もあり、木曜日だけは夜間保育も実施しています。病児保育にも、日勤帯のみ対応しています。

西江井島病院(明石市)…0歳から就学前までを対象にした24時間託児所があり、2014年10月から病児保育が開始されます。託児所はリニューアルされたばかりで、きれいな状態です。

兵庫県の子育て施設情報

託児所

兵庫県内の託児所は、おもに神戸市や姫路市、西宮市、尼崎市などといった都市部に多く設置されている傾向があります。

とりわけ兵庫県における経済の中心地となる神戸市内には、様々なニーズに対応した託児所を見ることができます。

三ノ宮駅周辺では一時預かりのほか、夜間・深夜預かり、休日預かりなどに対応したところが多く、24時間受け入れているところなどもあります。

また、手作りによる食事の提供など、アレルギーのある子どもに対応しているところもあります。

神戸市内には病院の数も多いことから、とくに看護師を対象とした託児所なども見られています。

保育園・幼稚園

兵庫県内には、認可保育所、認可外保育施設、幼保連携型こども園、公立・私立幼稚園などがあります。

主にJR沿線に集中している傾向があり、自宅に近い場所でも見つけやすくなっています。

神戸市は古くから対外貿易が盛んな地域であることから、外国人居住者も多く、カトリック系の幼稚園も多いといった特徴があります。

教育熱心な保護者たちの間では、特徴的な教育方針を持つカトリック系幼稚園への関心が高まっており、毎年応募が殺到して激戦となっている幼稚園などもあります。

また、神戸市の保育園・幼稚園では、外国人が勤務しているところも多く、インターナショナルな環境での保育を好む親に人気があります。

兵庫県の子育て支援サービス

兵庫県における子育て支援サービスは、市区町村によっても差はあります。

神戸市の場合

各区に地域子育て支援の拠点となる地域子育て支援センター・応援プラザが設置されています。

地域子育て支援センター・応援プラザでは、地域の親子が集まって情報交換する場が設けられたり、保育所での遊びや給食を体験する体験保育や、育児講座、育児相談、子育てサークル支援活動などが提供されています。

また、神戸市では、甲南女子大学や神戸大学などにも子育て親子の交流の場を設け、育児相談や援助などのサポートを行っています。

他にもファミリーサポートセンターや子ども会活動など、様々な子育て支援サービスが提供されています。

兵庫県ではその他の地域についても、地域の人たちが協力し合う子育て支援サービスが充実しているというのが、特徴となっています。

子育て向けの賃貸マンション・アパート物件情報

兵庫県における子育て向け賃貸マンション・アパートは、主に周辺環境や、間取り・部屋数などを考慮した物件情報が多いというのが特徴となっています。

周辺環境については、保育施設や学校、公園、図書館、公民館などの施設が近くにある、治安が良いことなどが考慮されています。

特に都市部では、犯罪発生率の低さや交通人身事故発生率の低さなどが物件選びの大きなポイントとなるでしょう。

また、兵庫県における子育て世帯の物件選びでは、部屋の広さよりも部屋の数に重点を置くといった傾向があります。

子どもが2人以上いる家庭では、将来的に1部屋ずつ与えたいと考える親が多く、3LDK以上の物件に人気があります。

神戸市の特定優良賃貸住宅でも、3LDK以上の物件は見つけやすくなっています。

間取りについては、子ども部屋となる部屋の日当たりの良さや、どこにいても目の届きやすいコンパクトな間取りなどに人気が高い傾向があります。

子どもに独立した部屋を与えつつ、常に目の届く場所にいて欲しいといった親の意向が反映されいてる物件が多くなっています。

兵庫県で子育ての環境が良い街はどこ?

兵庫県で子育て環境の良い街としては、神戸市内であれば、阪急沿線に定評があります。

三ノ宮や大阪方面へ行く交通の便が良いほか、保育施設、学校、公園、児童館、図書館、小児科医院などが多いといった特徴があります。

ただし家賃が若干高めといったデメリットがあるため、家賃の面で見た場合には、JR線から南の地域がおすすめとなります。

また、幼稚園については神戸市内は激戦区が多く、芦屋市や西宮市、尼崎市などが比較的入りやすい地域となっています。

芦屋市は、高給住宅地として知られる地域となりますが、賃貸マンション・アパートも多く、比較的自然環境に恵まれているという点で子育てに向いていると言えます。

また、神戸市や姫路市、尼崎市、西宮市などは、子どもの医療費助成や、子育て支援も充実しています。