熊本県の病院の託児所設置傾向

熊本県では現場で働く看護師が不足していて、問題視されています。そのため、看護師もしっかり働くことができるよう環境を整える対策に取り組んでいる職場も多くなってきています。

熊本県内における看護師の離職理由としては、ライフスタイルが変化する子育てにともなって現場を離職してしまうというケースが多くなっています。日中以外に夜勤業務も多く、休暇を取得しにくいことも関係しています。

そこで子育て中であっても仕事と両立させることができるよう、託児所を積極的に設置する病院が増えました。県の中心部にあたる熊本市内全体で託児所を設置する病院が特に多く、日中看護師として働けるように対策する病院も多く見つけることができます。

そのほか八代市や玉名市、阿蘇氏、荒尾市などでも見受けられています。看護師として働き続けることができるように、理解のある現場は確実に増えてきています。

熊本県の託児所付き病院一覧

医療法人桜十字桜十字病院(熊本市)…病院内の敷地内にある保育園です。0歳児から小学校入学まで利用可能で、病児保育にも対応可能な施設です。

福田病院(熊本市)…病院診察時、健康診断以外に病院内で行われている子育て勉強会の際にも利用することができる保育園です。

寺尾病院(熊本市)…年中24時間体制で運営されており、他幼稚園との同時使用が可能になっています。0歳から小学校入学時まで、利用することができます。

済生会熊本病院(熊本市)…病院に勤務するスタッフだけ使用することのできる保育園があり、6ヶ月から就学前の児童を対象にしています。

熊本市民病院(熊本市)…翌日7時30分までの夜間保育にも対応している保育園があり、病院内で勤務しているスタッフだけが対象になっています。

荒尾市民病院(荒尾市)…病院に在籍する職員の子どもだけを対象にしている保育園があり、0歳から小学校入学前の児童が利用可能です。

悠紀会病院(玉名市)…産休明けから小学校入学前まで利用可能な施設があり、勤務時間以外の保育園利用や一時的な保育利用のほか、児童保育サービスも小学校3年生まで利用することが可能です。

阿蘇温泉病院(阿蘇市)…事業所内託児所が機能していて、社会保険への加入でスタッフも利用可能です。

阿蘇やまなみ病院(阿蘇市)…生後2ヶ月から小学校入学まで利用できる保育施設があり、職員だけを対象としています。

谷田病院(上益城郡甲佐町)…病院の近くに保育施設が設置されていて、職員だけを対象に0歳から6歳までの利用が可能です。

益城病院(上益城郡益城町)…病院に勤務するスタッフ専用の保育園があり、24時間の対応が可能です。

熊本労災病院(八代市)…病院内に、保育園が設置されています。

八代敬仁病院(八代市)…スタッフだけと対象にしている保育園があり、3歳までの利用が可能です。

熊本県の病児保所室付き病院一覧

おがた小児科内(熊本市)…1日の定員は2名で、保育園に通園している児童が対象になっています。

杉村病院(熊本市)…1日の定員は2名で、生後6カ月から小学校3年生までの児童が対象です。回復期のみ、対応可能です。

えがみ小児科内(熊本市)…1日の定員は2名で、生後3カ月から小学校3年生まで利用可能です。

増田クリニック小児科(人吉市)…1日の定員は4名から8名でありお、市内に在住している児童が対象です。午前8時15分から午後5時30分まで、対応可能です。 

こどもクリニック友枝内(荒尾市)…1日の定員は4名であり、生後4ヶ月から小学3年生の病児と病後児の保育が可能です。土曜日は、午前中だけの対応です。

公立玉名中央病院(玉名市)…1日の定員は5名で、生後2ヵ月から小学校3年生まで利用可能です。

はがこどもクリニック(宇土市)…1日に定員は2名で、生後6ヶ月から小学3年生の回復期にある児童が利用可能です。

熊本県の子育て施設情報

託児所

熊本県の託児所は、おもに熊本市、八代市、天草市、玉名市、宇城市、合志市、山鹿市、荒尾市などといった順に多く見られています。

熊本市内の場合では、東区や中央区、北区などに比較的多く見られます。

熊本市内の託児所は、一時預かりが中心になっていますが、夜間預かりや宿泊預かり・日祝預かりなどのほか、24時間対応をしているところも多くあります。

生後2ヶ月から受け入れているところもあり、看護師として少しでも早く職場復帰したいという人にとっては、利用価値が高くなっています。

幼児のほか、学童の受け入れが行われているところなどもあります。

保育園・幼稚園

熊本市内の保育園・幼稚園は、おもに熊本市中心部で激戦区となっている傾向があります。

特に1歳児未満については、すぐに満員となってしまう施設が多く、兄弟で別々の保育園・幼稚園になるほか、やむを得ず未認可保育園を利用するといったケースも多くあります。

夫婦共働きで、かつ常勤の看護師であれば、比較的優先順位も高くはなりますが、現在は共働きの家庭が増えているため、希望する施設への入園は簡単ではありません。

なるべく第1希望から第3希望程度までは、利用したい施設をリストアップしておくことも必要です。

熊本県の子育て支援サービス

熊本県では、県と協力し企業なども参加して子育て支援サービスが提供されています。

例えば、参加店舗の場合では、就学前の子ども連れであれば商品の割引、ポイントサービス、粗品のプレゼントなどが提供されています。

施設によっては、おむつ替えコーナーや授乳スペース、ミルクのお湯、ベビーカーレンタルなどが提供されているところもあります。

企業の場合では、子育て中の従業員について就業時間の繰り上げや繰り下げ、ノー残業デーの設置などといった子育て支援が実施されています。

こういった熊本県の子育て支援サービスについては、「くまもと子育て支援情報サイト」で紹介されています。

そのほかにも、子育て中の親同士で情報を交換し合うことができる「くまもと子育てサークルサイト」など、さまざまなサイトがあります。

子育て向けの賃貸マンション・アパート物件情報

熊本県における子育て向け賃貸マンション・アパート物件情報としては、子育てをしやすい1階の物件、1階庭付きの物件、ベビーカーのままでも乗りやすい広めのエレベーターが設置されている物件なども見られます。

最近では、中古マンション・アパートを子育て向け物件に改築し、賃貸として提供しているところなどもあります。

ベビーカーを置きやすい広めの玄関、子どもから目を離すことなく料理をすることができる対面式キッチン、広めの浴室やトイレ、建物全体の安全性などといった子育て向けの工夫がなされています。

また、熊本市の市営住宅・特定優良賃貸住宅(特優賃)では、子育てファミリーに対して子育てサポートプランが提供されています。

収入などの条件を満たしている場合には、家賃の入居者負担額を減額してもらうということが可能となっています。

賃貸物件仲介業者の中にも、子育て支援として仲介・サービス料などを減額してくれるところなどがあります。

熊本県で子育ての環境が良い街はどこ?

熊本県で子育ての環境が良い街は、何を優先するかによっても異なります。

例えば、熊本市であれば、交通の便の良さや病院、保育園・幼稚園、学校、スーパーマーケット、コンビニエンスストアの多さなどといった点で、子育てをしやすいということができるでしょう。公園や遊興施設なども充実しています。

看護師として働く場合には、医療機関への通勤にも便利です。

また、熊本市では子ども医療費助成制度として「ひまわりカード」が発行されており、医療機関において提示すると3歳までは医療費が無料になり、3歳以上から小学校3年生まではひとつの医療機関に対して1ヶ月500円で診療を受けることができます。

ひまわりカードは、市役所で申請することによって受け取ることができます。熊

本市内でもとくに子育て環境の良い街としては平成や健軍、水前寺周辺などの人気が高くなっています。