富山県の病院の託児所設置傾向

富山県の病院・クリニックがおよそ1,200軒である中で、託児所が完備されている病院は富山市を中心に40軒程度があります。そのほか射水市や黒部市、南砺市といった自治体においても見受けられます。

子育てをしながら看護師として働くことを考えるのであれば、やはり県の主要都市である富山市を中心として勤務先を考えた方が良いでしょう。

富山県の託児所付き病院の一覧

三輪病院(富山市)…院内に、保育所が完備されています。子どもと一緒にマイカーで通勤することができ、育児休暇制度も設けられています。4ヶ月から1歳になってからの年度末に至るまでの子どもが対象になっています。

第3水曜日を除く平日の午前8時から午後5時15分まで、第3土曜日の午前8時から午後5時15分までの対応です。利用料金は保育料が月に5,000円から20,000円、食事代が1食につき250円、おやつ代が1日につき120円となっていて、ミルクは各自で持参します。定員は9人から15人で、保育スタッフとして2人の保育士と1人の補助者が常駐しています。

医療法人真生会富山病院(射水市)…JR北陸本線の小杉駅から車で10分の場所にあり、0歳から2歳の子どもを受け入れています。利用時間は平日が午前8時から午後9時、土曜日は午前8時から午後2時までで利用料金は平日の午後5時までが1時間50円、午後5時以降が1時間60円、土曜日が1時間50円となっています。

長谷川病院(富山市)…JR高山本線富山駅からバスで10分の場所にあり、院内に保育士の常勤している託児室が完備されています。育児休暇制度もあり、子育てに専念することのできる環境が整っています。雇用形態や勤務形態に関する相談も可能であり、仕事と子育てのバランスがとりやすくなっています。マイカー通勤も、可能です。

医療法人社団樫の木会大島くるみ病院(射水市)…JR越中大門駅から車で5分かからず、24時間対応の託児所が完備されています。利用料金は食事付きで1日600円となっていて、夜勤帯ですと1,200円です。

富山協立病院(富山市)…院内保育園が完備されていて、仕事と子育てを両立させながら働くことのできる環境が整っています。0歳から3歳までに対応していて、利用時間は平日が午前7時45分から午後5時30分までで、午後8時までの延長対応もしています。土曜日は午前7時45分から午後12時50分までで、延長は午後6時までです。

池田リハビリテーション病院(黒部市)…富山地鉄本線荻生駅から車で8分の距離にあり、院内託児所が設置されています。育休者の職場復帰プログラムもあり、子育て中の看護師が多く勤務しています。0歳から就学前の子どもを対象にしていて、利用時間は平日の午前8時から午後5時です。利用料金は、月に2万円となっています。

公立南砺中央病院(南砺市)…JR城端駅からバスに乗って、南砺中央病院のバス停で下車します。院内には託児所が完備されていて、育児短時間勤務制度や育児中の勤務配慮、選択制による夜勤体制も導入されています。利用時間は平日の午前8時から午後6時までで土曜日、日曜日、祝日は定休日です。利用料金は、1日につき1,500円です。

富山城南温泉病院(富山市)…JR富山駅からバスに乗り、花園町バス停で下車して徒歩2分の距離です。託児所と保育所が完備されていて、育児休暇制度もあります。

医療法人社団寿山会福光あおい病院(南砺市)…JR福光駅からバスに乗り、華山温泉前バス停で下車して徒歩5分です。託児所が、完備されています。

富山県の病児保所室付き病院一覧

髙重記念クリニック(富山市)…生後6ヶ月から就学前までの子どもを対象としていて、日祭日を除き平日は午前8時30分から午後6時まで、土曜日は午前8時30分から午後12時まで対応しています。料金は1回につき2,000円で、食事代とおやつ2回分が含まれています。

富山県の子育て施設情報

託児所

富山県では、富山市に託児所が多くあります。富山市内では24時間保育を行う託児所は少ないものの、夜間保育や休日保育に対応している託児所が多い傾向にあります。

例えば、チャイルドスクウェア本町店では7時半から26時まで子どもを預けることが可能で、日曜や祭日も保育可能です。キッズルームまぁごでは土曜・日曜・祝祭日の保育も行っており、開園前・開園後の時間外保育が可能です。

このように、夜間や祝祭日に子どもを預けることができたり時間外保育が可能であったりと、勤務時間が不規則になりがちな看護師でも子どもを預けやすく、病棟のように夜勤がある職場でママさん看護師として働く場合も働きやすい環境にあります。

富山市以外では、高岡市や滑川市、砺波市なども比較的託児所が多く見られます。

保育園・幼稚園

富山県では富山市に最も保育園が多く、高岡市、射水市と続きます。県内の保育園はこの3市に集中しているので、これらの市では保育園の方が利用しやすいという場合もあるでしょう。

また全国的に見ても待機児童が非常に少なく、希望する保育園に入りやすかったりすぐに入所することができたりするケースも多くあります。富山市は幼稚園数も圧倒的に多く、富山市以外の地域にも幼稚園はありますが選択肢の幅は非常に狭くなっています。

県内の保育園・幼稚園は入園しやすい傾向にありますが、人気の高い保育園・幼稚園ではすぐに入園できないこともあります。そのためママさん看護師として勤務する際に保育園・幼稚園を利用する場合、情報収集や申込みなどは早目に進めておくと良いでしょう。

富山県の子育て支援サービス

富山県では、育児に関連する様々な支援を行っています。「とやまっ子子育て応援券」は出生届を提出すると配布され、一時保育や病児・病後児保育、読み聞かせ絵本の購入、任意予防接種などの際に利用することができます。

また「マイ保育園」という制度もあります。これは、妊娠中や未就園児のいる保護者が自宅近くの保育園をマイ保育園として登録すると、保育園に入園していなくても育児体験や育児教室、庭園開放時の利用など様々な保育サービスを受けることができるものです。

さらに、「とやま子育て応援団」もあります。応援団には育児を支援する協賛店が加盟し、18歳未満の子連れで協賛店を利用すると割引や特典などのサービスを受けることができます。

これらの他にも、家庭教育に関するかわら版の発行、親のあり方や子どもとの接し方を学ぶ親学びプログラム、仕事と育児の両立支援などがあります。

子育て向けの賃貸マンション・アパート物件情報

富山市では、特定優良賃貸住宅に入居する子育て世帯に対して家賃の補助を行っています。特定優良賃貸住宅はバリアフリーであったり面積が広かったりと、育児に適した条件の整っている物件です。

現在富山市で認定を受けている対象物件は1件のみですが、認定物件の整備が進められているので今後は対象物件が増えるでしょう。

また高岡市でも富山市と同様の事業が進められていますが、現時点で利用可能な物件は無い状況です。

このように富山県内で実施されている子育て世帯向けの住宅支援は、すぐに満室になってしまうケースも少なくありません。そのため、このような制度を利用したい場合は日頃から情報を集め、物件情報を逃さないようにすると良いでしょう。

富山県で子育ての環境が良い街はどこ?

子育てをしやすい環境は人によって異なりますが、育児をしながらママさん看護師としてバリバリ働くこともできる環境を希望するのであれば、富山市や高岡市がおすすめです。

というのも富山市や高岡市は県内でも託児所や保育園、幼稚園が多い地域で、子どもを預けやすい環境が整っているためです。特に富山市では夜間保育に対応可能な保育施設もあり、看護師としてバリバリ働くことができる病院なども多くあります。

また、助成制度を重要とする人もいるでしょう。県内では、ほとんどの市町村で子どもの医療費の助成制度を設けています。しかし射水市は、他の市町村と比べて助成対象年齢が広いので特におすすめの地域です。