肩こりに悩まされている女性は多く、肩こりがひどくなると頭痛を起こすこともあります。

肩こりの原因は、「これだ!」と特定できるものは少なく複合的に様々な要因が組み合わさっていることが多いようです。

  • 姿勢が悪い
  • 姿勢が悪いと肩や首に負担がかかりやすく、筋肉が疲労したり緊張したりして肩こりを起こしますのでまず正しい姿勢を心がけることが大切です。

  • バックを常に同じほうにかける
  • 肩の筋肉を鍛えることによって首や肩への負荷に耐えられるようになるので、肩の筋肉を鍛えることは肩こりの予防になります。意識して交互の肩を使うようにしましょう。

  • 運動不足
  • 適度な運動をして筋肉を付けるように心がけるといいですね。

  • 血行不良
  • 肩周りの血行が悪いと肩こりの原因にもなるため、マッサージをしたり肩を温め血行を促進し筋肉をほぐすことをお勧めします。仕事の合間に、ちょっと肩を回してみる、肩の上げ下げをして筋肉をほぐすといった短時間ですぐに出来る簡単な体操をするようにすると良いですね。

  • 眼精疲労
  • 長時間の読書やパソコン、スマホは控えた方がよさそうですね。

  • 慢性的な疲労・ストレス
  • 筋肉のこわばりを助長させ肩こりの原因になります。

看護師の仕事は不規則な勤務で仕事内容も激務、更に常に緊張感を持って仕事をしているのでストレスがたまりやすく肩こりになっている看護師は多いです。
休日はゆっくり疲れをとるようにして、整体やマッサージなどに通って血行を良くし筋肉をほぐしてもらうととても気持ちが良く、体に良いばかりでなく精神的にもリラックスできます。

肩こりがあると気分も落ち込みますし、イライラして精神的にも良くないので血行を良くし筋肉をほぐして肩こりを予防し、すっきりした気分で仕事が出来るといいですね。