ブランクがあると予想以上に緊張するもの

どんな職業でもそうですが、就職、転職する際に面接は必ずあります。転職経験がなく看護師を辞めてしまった方は、一体面接でどんなことを聞かれるのかなど気になると思います。ブランクがあることで不安を感じているからこそ、面接で上手に自分をアピールすることが大切です。

面接は誰でも緊張するものですが、ブランクのある看護師は、学生の頃から長い年月が経っている方が多いので、面接で聞かれることやその場の雰囲気を忘れてしまっているのでなおさら緊張すると思います。

経験、実績、持っている資格、なぜ看護師を辞めたのか、なぜ復職しようと思ったのかなど、面接で聞かれそうなことは予想できて、答えを準備しているものですが、想定外の質問がきてしまうと、頭の中がパニックになって返答に困ってしまうのは当たり前のことです。

機転を利かせて返答できたり、他の質問でカバーできればいいのですが、ひとつつまずくと、後まで引きずってしまうこともあります。

看護師求人サイトの面接対策

面接はその人の人柄を見られる場所でもあります。準備しすぎるくらいの方がいいでしょう。求人サイトに登録してアドバイサーから面接対策のアドバイスを受けるのもいいです。

面接先の事情、今の医療現場の状況、ブランク明けの看護師さんの情報など、自分ではカバーできないことも、アドバイザーが相談に乗ってくれますし、履歴書の書き方の指導もしてくれます。

復職面接でブランクのある看護師がよく聞かれる質問

ブランクがあるけど大丈夫?

雇う側の病院にしてみれば、ブランクがあっても雇いたいという一方で、仕事についていけるのかという心配もあります。今まで看護師として働いてきた人なら実績やスキルがあるので、どの程度出来るのかおおよその判断がつきますが、ブランクがある場合は、その判断がつきません。

ほとんどの面接で「ブランクがあるが大丈夫か?」という質問を投げかけられます。このときに、つい言ってしまいがちな「頑張ります」という曖昧な答えが困るのです。「頑張ります」と言っても「何を頑張るのか?」「ブランクをどうやって埋めるのか?」ということを病院側は聞きたいのです。

復職するにあたって、今自分はどんなことをしているのか?ブランクを埋めるためにどんな勉強をしているのかなど具体的なアピールが出来るようにしておく必要があります。

その他面接官に良く聞かれる質問

その他にも、

  • 看護師に復帰する理由
  • この病院(職場)を志望した理由
  • 今までどんな経験をしてきたか
  • どんな科を受け持ったことがあるか
  • 持っている資格
  • 復職するにあたっての家族の意見
  • 勤務形態の希望
  • 給料面の条件

など、様々な質問が予想されます。そして、それはかなり具体的に聞かれます。受かりたいがために、見栄を張って答えたり、自分の希望をすべて妥協する必要はありませんが、素直に自分の胸の内を話すのがいいでしょう。

すべてを正直に答える必要はありませんが、自分が看護師として復職したい理由や、実績、経験、勤務体系などの雇用条件は素直に話しましょう。なぜなら、採用となっていざ勤務が始まって、病院側も自分もこんなはずじゃなかったとならないためです。面接の時点でお互い行き違いがないようにしておくことは大事なポイントだと覚えておいてください。

また、看護師の他にも保健師や助産師などの資格を持っていれば、その資格をアピールするのも大切です。仕事の幅も広がりますし、給与面でも資格手当が付く病院もあります。

こちらから質問したいこと

面接では聞かれるだけでなく、こちらから質問することもできます。復帰した際の支援体制、リプセプター制度、勤務時間、夜勤について、子供がいる方なら院内に託児所があるかなども重要ホイントのひとつです。

自分が不安に思っていること、わからないことも面接は確認できる大事な場所です。遠慮をしないで、わからないこと、不安なことなどは一つずつ聞いて確認していきましょう。復職を決めたら「絶対に復職する」という強い気持ちが大切です。面接でしっかり自己アピールして、希望の職場へ入職してください。