大阪府の行政保健師求人と採用対策

市町村保健師

大阪府では大阪市をはじめとした市町村で保健師の求人が出されていて、大阪府内で市町村保健師として働くためにはそれぞれの役場における職員採用試験に合格しなければなりません。

役割としては、府庁の保健師が広域的で専門的な保健活動を行うことに対し、市町村の保健師は地域住民に身近な保健サービスを提供することが主な仕事です。具体的には、乳幼児や妊産褥婦などに対する健診や指導、がんや婦人病などに関する特定健診や特定保健指導、障がい者や高齢者への支援などといった保健活動を行います。

行政看護師は基本的に公務員として扱われるため、特に休みなどの待遇面については病院で勤務する場合よりも良い傾向にあります。

保健所保健師

大阪府には大阪市や堺市、東大阪市、枚方市といった人口の多い都市をはじめ、府内の計18ヶ所に保健所が設置され、どちらかというと個々のケースよりも広域的なケースに対応した保健活動を行うことが求められます。

各保健所には保健医療対策課や感染症対策課、環境衛生監視課、食品衛生指導課などといった部署が設けられており、保健師には比較的専門性の高い保健活動への関与が求められます。

具体的には、感染症や疫病などといった危機管理に関する対策、府内における保険医療システムの整備、特定の障がい者や難病を持っている患者さんへの保健サービス、市町村保健師に対する支援や指導などといったことです。

採用情報については、大阪府のホームページで確認することができます。

病院保健師求人と採用対策

大阪府における病院保健師の求人は、比較的規模が大きな大学病院や総合病院などで多く見ることができ、特に病床を多く持っている医療機関での需要が高まっています。

また、健康診断や人間ドッグを専門とする規模の小さなクリニックや健診センターなどでも保健師の募集を見ることができ、日勤だけの勤務である上に給与も比較的高く設定されていることが多いです。

病院保健師の担当業務については、「検診・健診業務」や「介護・老人・福祉系の業務」というように大きく2つに分けることができ、大阪府内には高齢者や障がい者の療養を目的とした療養型病院も多くあるため保健活動と共に介護ケアも重点的に行っています。

大学、学校(養護教諭)求人と採用対策

大阪府には大学や学校が多く、校内に設置されている保健室や保健センターなどで正社員や派遣やパート、アルバイトでも保健師の募集を見ることができます。

その中でも大学内で働くためには特定の資格が求められることはありませんが、小中高校の保健室で働きたい場合には養護教諭の資格が必要がです。

しかし、保健師であれば教職員免許状施行規則の条件を満たすことによって養護教諭の資格を取得することができます。

小中高校保健室の採用試験については各自治体の教育委員会や私立学校において実施され、大学の保健センターなどは付属病院がある場合だと付属病院で行われることもあります。

産業保健師求人と採用対策

大阪府は企業の本社も多く立地していることから、企業のオフィスに設置されている医務室や保健室の他、工場内などでも募集を見ることができ、産業保健師の需要は他の地域と比べて高い傾向があります。

また、遊園地やアミューズメントパーク、大型商業施設内などといったように不特定多数の人が多く集まる場所でも産業保健師の募集が見られ、感染症などの予防や衛生管理、安全管理などに取り組みます。

その他求人と採用対策

大阪府だと地域包括センターや高齢者介護施設、保育園、幼稚園、空港などでも保健師は活躍しており、保健師の資格以外にPCスキルや接客スキル、語学力などといった幅広いスキルがあると更に活躍の場も広がります。