静岡県の行政保健師求人と採用対策

市町村保健師

市町村で保健師の募集が行われるのは年に1回ですが、産休や育休などで急な空きが出た時には臨時職員の募集を行うことがあり、実際に富士市では勤務期限付きで求人が出されています。

しかし、この場合は正職員としての採用ではないという点に注意が必要です。

特別な採用対策は特に無く、資格を多く持っていることや実務経験があるということが合否に影響することはほとんどありません。正職員として合格するチャンスは年に1回なので、試験対策はきちんと行うことが重要です。

保健所保健師

県内には、県が設置する健康福祉センターの他に静岡市と浜松市がそれぞれ市内に設置する保健所があります。県の場合は、健康福祉センターだけでなく静岡県庁(本庁)の疾病対策課、こども家庭課、障害福祉課、健康増進課、長寿政策課、介護保険課や発達障害者支援センター、精神保健福祉センターなども勤務先に含まれます。

また、静岡市や浜松市の場合は、保健所の他に市役所の保健予防課や精神保健福祉課などが勤務先に含まれます。

このように様々な勤務先がありますが、募集は本庁や市役所で一括して行われており採用試験は年に1回です。臨時職員を募集することもありますが、募集が行われることは少ない状況です。

健康福祉センターや保健所などで勤務することを希望する人は多いため競争率は毎年高く、試験も年に1度しかないのでこの試験に合格できるように日頃から勉強をして備えておくことが最大の採用対策です。

また、資格を取得したり病院や企業などで実務経験を積んだりしておくと面接時の強みになります。

病院保健師求人と採用対策

静岡県で保健師を募集する病院はそれほど多くはありませんが、浜松市や静岡市には比較的多く見られ、看護師と違って病棟で勤務する場合でも保健師は日勤のみの勤務ということがほとんどです。

また、給料も比較的高い仕事であるため、人気があります。

常に様々な病院で募集が行われていますが件数が少ないので、好条件の求人を逃さないようにチェックすることが大切です。採用対策としては実務経験を積んでおくことが有効で、採用面で有利になるだけでなく給与面で優遇されることも多くあります。

大学、学校(養護教諭)求人と採用対策

静岡県は大学や学校数が少ないというわけではありませんが、大学や学校の医務室・保健室からの求人は非常に少ない状況です。そのため、大学や学校で勤務したい場合には募集情報を得ることから始まります。

また、小学校や中学校の保健室で養護教諭として勤務したい場合には、募集が行われた際にすぐに対応できるよう養護教諭免許を取得しておく必要があります。募集が行われるまでの間、他の職場で経験を積んだり仕事で役立つ資格などを取得したりすることも採用対策の1つです。

産業保健師求人と採用対策

静岡県は県内の一部地域が東海工業地域に含まれており、静岡市や焼津市、浜松市、富士市、富士宮市、磐田市などは工業都市としても知られています。そのため、大手企業の本社も多く企業内の医務室や健康管理室などで働く保健師の求人も多く見られます。

企業の医務室や健康管理室などでの仕事は人気の高い仕事で、倍率は高い傾向にありますが、企業カウンセラーの資格を取得したり様々な職場での経験を積んだりするなどアピールポイントを多く持つことが重要です。

その他求人と採用対策

静岡県で増えてきているのは介護福祉施設での求人で、デイサービスや特別養護老人ホーム、知的障害者センターなど日勤のみのものが多く人気が高まっています。

また、未経験者を歓迎する職場も多く、特別な資格や実務経験が無くても応募できるというのが特徴です。

ま県内には予防健診センターのような健診施設でも募集が行われていますが、健診施設の仕事は保健師免許を持つ看護師からも人気があるので倍率は高くなってしまいます。