長崎県の行政保健師求人と採用対策

市町村保健師

長崎県における市町村保健師の求人については、近年では2012年度に募集が行われず、2013年度と2014年度には採用が行われました。そのため、勤務を希望する場合には、募集が出されない年度もあるため1年毎に採用情報を確認する必要があります。

出願時期は毎年7月中旬から8月中旬頃、採用試験は9月中旬頃に行われていて、採用発表は10月です。例年、採用が予定されている人数は若干名となっていますから、採用試験の競争率が高いということも踏まえて行動しなければなりません。しっかりしたスケジュール管理のもとで計画を立てることが必要です。

出題される問題の傾向としては、論文試験や専門知識を問う筆記試験、二次試験では個別面接が行われます。

保健所保健師

長崎県内には10ヶ所の保健所があり、離島も含めて長崎県内の広い範囲をカバーしています。県内に在籍している保健師はおよそ650人いて、そのうち本土が550人程度、離島が100人程度です。

長崎県は戦時中に原爆の被害を受けたということもあり、保健師は原爆被害被害調査に関する業務、子どもに関する支援のマネージメントなどにも関わっています。幅広い分野に渡り、仕事へ携わる機会があるのです。

病院保健師求人と採用対策

長崎県では病院でも保健師を募集しているケースが多く、大きな病院としては壱岐市民病院や国立病院機構長崎医療センター、五島中央病院、佐世保市立総合病院、長崎県中対馬病院、長崎原爆病院などの総合病院です。

人間ドックなどで企業従業員や個人へ向けた健康診断、健康指導に関わることが多く、医療に関する最新の知識も必要とされます。

病院保健師の仕事は、残業が要求されるといったこともそれほどなく人気が高いことから、採用対策として自分のスキルを十二分にアピールすることができるかが合否を決めることにもなります。

大学、学校(養護教諭)求人と採用対策

長崎県には四年制大学と短大で12校があり、学校内の保健室や健康管理室で学生や学校職員の健康管理にあたる保健師が働いています。職場としての定着率は高いため、保健師の募集が行われる機会はあまり多くありません。

職場環境や待遇面が良いことから在籍している保健師が辞めることは少ないため、情報を集める上では求人の動向についてしっかり把握することが大切です。人気が高いことから、学校側も非公開というかたちで求人を出す場合が少なからずあります。

産業保健師求人と採用対策

長崎県には大手企業の営業所などといった企業拠点が多く、たくさんの工場が立地しています。

長崎市内の中心部には有名な重工業系の企業が多く、佐世保市には自動車や造船といったようにものづくりの分野で特化している企業が多く見られ、諫早市には電化製品の半導体を扱うITメーカーが多く集まっています。

こういった企業で産業保健師の求人募集が行われる際には競争率も高いため、こまめな情報収集が大切です。

その他求人と採用対策

長崎県内では、保育園などの児童福祉施設、地域包括支援センター、老人介護施設などの高齢者施設などで保健師求人を確認することができます。

実際の業務としては、健康管理や福祉行政に関する調整、看護師としての仕事などもあります。

地域包括支援センターでは高齢者を総合的に支援することが中心となり、高齢者の健康や社会生活を支えるケアマネジメント業務によって地域福祉や医療に関わりやりがいもあります。