鳥取県の行政保健師求人と採用対策

市町村保健師

鳥取県では、鳥取市や米子市、倉吉市などといった各市町村において採用人数は若干名であるものの市町村保健師の採用が行われています。

鳥取市や米子市といったように比較的人口が多い地域では、パートやアルバイトなどの非常勤として保健師の募集が行われている場合もあります。

保健所保健師

鳥取県には、鳥取市の東部福祉保険事務所、倉吉市の中部総合事務所福祉保健局、米子市の西部総合事務所福祉保健局、日野群の日野振興センターという4ヶ所の保健所が設置されています。

精神保健福祉や感染症対策、被爆者救護などといった保健業務は、主に福祉保険事務所や総合事務所福祉保健局で行われています。いずれの保健所にも保健師が配属されてはいますが、日野振興センターでは保健業務が西部総合事務所へと移管されているため配属先は日野振興センター以外の保健所が中心です。

鳥取県庁における保健師の採用枠はわずかであり、激しい競争を勝ち抜かなければなりません。

病院保健師求人と採用対策

鳥取県内には療養目的の高齢者を受け入れる老人保健施設が併設されている病院が多く、米子市や鳥取市、倉吉市などで保健師の需要についても比較的高まっています。

しかしながら、こういった医療機関は比較的人口の集中する鳥取市や米子市に多い傾向があるため、他のエリアで病院保健師の求人を探すことには難しいです。

病院における保健師の役割は、入院している患者さんに対する保健指導や健診業務などですが、看護師が不足している病院だと看護の仕事も任されるケースがあるため保健活動だけにとらわれず、臨機応変に対応することが望まれるところです。

大学、学校(養護教諭)求人と採用対策

鳥取県における大学での保健師求人は、ほとんど見られません。鳥取県内の大学は鳥取大学、鳥取環境大学という2校しかないため、必然的に保健師の求人は少なくなっているのが理由です。

鳥取大学には鳥取キャンパスの他、米子キャンパスにも保健管理センターが設置されていますが、それでも欠員が出ない限り保健師の募集が出されることはありません。また、欠員が出た場合であっても附属病院から職員を補充し、一般には求人が出されないことも想定されます。

鳥取県内の小中学校や高校の保健室で勤務する養護教諭については、教育委員会において毎年の採用が行われています。

採用試験の合格率については、以前だと10倍を超える高い倍率でしたが近年は6倍前後にまで下がっている年もあり、受験者数は毎年減少している傾向にありますが、それでも難易度としては高い職種です。

産業保健師求人と採用対策

鳥取県においては、産業看護師の需要というものがほとんどありません。求人情報を見つけることも非常に困難で、探すとすれば企業のオフィスではなく工場の医務室や保健室での勤務が中心となります。

鳥取県には広大な自然を有する大山があり、周辺には乳製品や飲料、菓子などを製造する工場が数多く立地しています。また、鳥取市周辺には自動車部品工場などの製造工場があり多くの従業員が働いている大手企業の製造工場などもあるため、こういった場所では保健師の需要も見込まれます。

その他求人と採用対策

鳥取県におけるその他の保健師求人としては、グループホームやデイケアセンターといった高齢者介護施設や保育園、幼稚園、民間の保健事業団体などが挙げられます。

行政機関や医療機関を除いた保健師の求人は、パートやアルバイト、派遣などといった非正規での雇用が多い傾向にあり、家庭を持っている主婦であっても働きやすい職場を見つけることが可能です。