富山県の行政保健師求人と採用対策

市町村保健師

富山県内において市町村保健師を募集している自治体は、募集人数は1人から2人程度である場合が大部分ですが、富山市や高岡市、南砺市、魚津市、下新川郡入善町、中新川郡立山町などが挙げられます。

行政保健師の採用日程に関しては時期がほぼ決まっていて、申込期間は例年8月上旬から8月中旬にかけてで、一次試験は9月下旬に筆記試験、10月中旬に面接試験が行われた上で10月下旬に合格発表となります。

更に11月上旬の二次試験を経て、11月中旬に最終的な合格発表が行われます。

時期を逃したとなると臨時職員として働くか、その他の職場で働きながら次年度の募集へ応募しなければなりませんので注意が必要です。

保健所保健師

富山県において保健所保健師として勤務するためには、富山県の管轄による保健師の採用選考試験に合格しなければなりません。採用人数は例年5人前後であり、毎年7月末から8月下旬にかけて応募期間が設けられ、試験日程は一次試験が9月10日前後、二次試験が10月上旬となっています。

最終合格発表は10月下旬で、採用されれば検査や健診などに関するサービス、衛生環境の改善、予防医学などに関わることになります。

高齢者の孤独死なども社会問題として深刻になってきている昨今、富山県においては地域ぐるみで高齢者の健康的な生活をサポートする環境構築が求められています。

病院保健師求人と採用対策

富山県の病院における保健師求人については、富山県立中央病院や富山市立富山市民病院、あさひ総合病院、射水市民病院、金沢医科大学氷見市民病院などといった総合病院を中心に募集が見受けられます。

給与面は経験に応じて高額になるところもありますが、業務経験がない人であっても応募することのできる病院はあります。

保健師は健康管理室などの部署で常駐する他、病院によっては看護師との分業が明確になっていない場合もあり、保健師の資格を持っていながら看護師として働きつつ院内の保健活動にもあたっているという場合が少なくありません。

大学、学校(養護教諭)求人と採用対策

富山県内にある小学校や中学校、高校で養護教諭として保健業務へあたるためには養護教諭免許がなければなりませんが、保健師の資格を取得していれば養護教諭2種の免許を申請することは可能です。

また、富山県の養護教諭の採用試験については、年によって倍率が3倍から7倍と変動することが特徴です。

富山国際大学や富山県立大学、富山大学などでキャンパス内に健康管理室などが置かれているものの、保健師の求人募集はめったに行われていません。私立の学校では昨今、採用試験の点数よりも面接内容を重視する傾向が見られています。

産業保健師求人と採用対策

富山県は、製造業においては合金加工・工業機械・電気機器・造船・化学工業といった産業が盛んに行われている地域です。

カレンダー通りの休日で日勤のみの勤務形態でメリットのある産業保健師ですが、製造業などが盛んなので産業保健師の募集が出る可能性は大いにあります。

その他求人と採用対策

富山県でその他に保健師の求人を出している募集元としては、近年ですと訪問介護ステーションが目立つようになってきています。

資格職として保健師や看護師、介護士などにスタッフの需要がある中、保健師の募集はほかの職種と比較すればまだ多くありませんが、パートやアルバイトとして勤務する道もあります。