福岡県の行政保健師求人と採用対策

市町村保健師

行政保健師として働くためには、公務員試験にも合格する必要があるため職員採用試験として公務員試験の勉強も事前にしておく必要があります。

全国的にもそうですが、市町村保健師は求人の数がそれほど多くなく福岡県でも求人を探すことは困難です。ただ、市役所だと常勤よりも非常勤として働く保健師の募集は多く行われています。

市町村保健師として働く場合には経験が必ず必要とされるわけではなく、経験がない人でも採用される可能性があります。

保健所保健師

福岡県には保健所を設置している保健所政令都市が福岡、北九州、久留米、大牟田と4つあります。九州でも他の地域だと1つの県に1つしか保健所政令都市はない場合が多く、福岡県は九州の中でも行政保健師の求人が見つけやすいということがわかります。

しかし、保健所保健師は公務員として働くことができるために待遇面や福利厚生は恵まれ、そのために離職率が低く求人の実数は数が多いとされている福岡県でもそれほど多くありません。

病院保健師求人と採用対策

福岡県の中でも県庁所在地であり100万人都市となってる福岡市には、一般病院の数が100軒以上ありとても充実しています。病院などの医療施設で保健師として働きたい場合には、福岡市であれば求人を見つけることは容易です。

病院保健師として働きたいのであれば、医療施設が集中している福岡市や北九州市などにこだわって求人を探すことをおすすめします。

大学、学校(養護教諭)求人と採用対策

福岡県では小中学校、高校、大学で養護教諭としての求人が出されています。ただ、採用枠は非常に少ないため大学のホームページなどを常にチェックしていなければ見つけることはできません。

いつも安定して求人が出ている仕事ではありませんから、すぐに応募することができるよう準備しておく必要もあります。

産業保健師求人と採用対策

企業に務める産業保健師の求人に関しては、福岡県では第三次産業であるサービス業、金融業、不動産業の企業によるものが目立っています。

特に福岡市や北九州市に企業は数が多く、社員の健康状態を管理するために産業保健師を求めています。ですから生活習慣病やメンタルヘルスなどについて知識のある人であれば、採用される可能性が高くなり有利です。

しかし、産業保健師は待遇面なども恵まれているため離職者が少なく、情報収集に力を入れていなければなかなか募集を見つけることはできません。

その他求人と採用対策

福岡県には検診センター・地域包括支援センターや介護老人保健施設などの高齢者の施設で働く保健師の求人が見られます。

自分の持っている知識を活用して働くことができ、日勤で残業も少ないことから人気がありますし、特に検診センターは求人数自体がそれほど無いため競争率は高くなっています。

また、保健指導とともに介護や看護の仕事に携わることとなるため介護についての知識も必要です。