「なんで看護師になったんだっけ、、、」「仕事にやりがいを感じない、、、」と悩んでいませんか?

やりがいを感じられなくても、なんとか働いて行くことはできるかもしれない。

でも、やりがいがないと毎日仕事に行くのがつまらない。だんだんやる気もなくなってきますよね。

でも安心して下さい。1年目の新人看護師にはよくあることです。

ここでは、気がついたら臨床経験10数年の私の意見を交えながらアドバイスしていきたいと思います。

やりがいを感じる瞬間は、きっと人それぞれです。

せっかく辛かった実習を乗り越えてなった看護師、クサクサしてたらもったいない!一緒にやりがいを探す旅に出ましょう。

やりがいを失っていく瞬間を考えてみる

「あ、なんかつまんない」そんな風に感じるのはどんな時なのでしょう。

  • 行きたい部署に行けなかった
  • 楽しさや辛さを話せる同期がいない
  • 尊敬できる先輩がいない
  • 先輩がやたら怖い
  • 毎日怒られる

思い当たるところはありますか?

このような状況の中、働き続けていると、楽しくない、時には「もう辞めたい、、、」と思ってしまうかもしれません。

私も、新人の時は毎日のように「ほんっとヤダ!辞めたいんだけど!」とグチっていたものです。

でも、私はグチれる同期がいたからまだよかったのでしょう。思っていることをそのまま話せる人がいないと結構きついですよね。

嬉しい瞬間や好きな瞬間を考えてみる

嬉しい瞬間や好きな瞬間、それがわかると“自分にとってのやりがい”が見つけやすいかもしれません。

  • 感謝された時
  • 何かをやり遂げた時
  • 特別な瞬間に立ち会えた時
  • 自分の成長を感じた時

こんな時に前向きな心が生まれて、それがやりがいになります。

そう考えると、看護師はやりがいを感じられる瞬間が多い仕事だと思います。

私はやっぱり、患者さんから「ありがとう」と言われた時が一番嬉しいです。これは、新人の時も今も変わらないです。

人生の大先輩である患者さんから、心からの感謝をもらえるのはなんとも幸せだな、と思います。

あとは、人の生きることと死ぬことに関われることです。

「おもっ!」と思うかもしれません。でも、特に“死”は、難しい問題だからこそ、最後の生き様を支えることができた時の達成感はたまらないものがあります。

あなたは、どんな瞬間が好きですか?

そんなことを考えるのも、自分なりのやりがいを見つける一つのヒントになるかもしれません。

しかし、実際にやりがいを感じながら働けたのは、看護師になって数年経ってからでした。

一年目の新人時代は、必死な毎日とグチで終わっていったかも、、、笑

どうしてもやりがいを見いだせないなら、ちょっと遠回りしてみる

きっと今は、なれない環境の中で、何が何だかわからない、そして怒られる、、、。

でも、ちょっと立ち止まって考えてみませんか?

「なぜ自分は看護師になったのか」

紙に書き出してもいいかもしれません。

  • お金を稼ぐため
  • 安定した生活を送るため
  • 人の役に立つため
  • 子どもを助けるため

いろいろあるでしょう。

今の現状はどうですか?目的は達成できていますか?それとも、それどころではないでしょうか?

私は、自分がどんな看護師になりたかったのかを考えて、そうなれるように、とても小さい目標から、達成していくことが大切だと思います。

ちなみに私は、人の役に立ちたくて看護師になりました。

ですから、“ありがとう” が私の媚薬です。

先は長い。焦らなくても大丈夫

富士山は3776メートル、高いですね。

でも、あの山も一歩一歩登って行くと、小さな人間も山頂に立つことができます。

きっと、看護師になる時に思い描いていた理想は、富士山の頂上のようなものです。

看護師は、一生続けられる仕事です。

新人の皆さんは、あと40年くらい働けます。嫌になってしましますね(笑)

でも、だからこそ先は長いのです。今すぐにやりがいが見えなくても、焦らなくて大丈夫です。

私もそうでしたから。

やりがい再発見のための転職

「そんなこと言ったって、グチれる同期がいない!」「死ぬほど忙しくて、絶対やりがいなんて見つからない!」「当分希望する部署には移動できない、、、」と思っている方もいると思います。

それなら、転職もありです。

ラッキーなことに、看護師は日本のどこでも職場を探すことができて、しかも、結構選べます。

自分のしたいことに合わせて、より良い条件の勤務先を探すと良いでしょう。

でも、なんとなく探して転職しても、また失敗します。

看護師専門の求人サイトを活用しよう

看護師は、引く手あまたです。色々なところで看護師を募集しています。

でも、だからこそ、何を基準に選んだら失敗しないのか、難しいですよね。

私の友人も、転職の時にはだいたい利用していました。

結果、それまで勤めていたところよりも、「待遇や環境が良いところで勤められてよかった!」と話す友人が多いです。

せっかく転職するなら「やりがいアップ」だけではなく、「収入アップ」や「将来性アップ」も狙っていきたいですね。

仕事をしている時間は、人生の三分の一とも言われています。せっかくだからやりがいのある仕事を見つけて、楽しい人生を過ごしたいですね。

がんばれ!
あなたが、楽しい人生を過ごせるように祈っています。