北海道の夜勤専従看護師求人事情

夜勤1回あたりの給与の相場

北海道の夜勤専従看護師求人での給料は、正看護師だと1回の夜勤につき低くて20,000円、高くて35,000円と言ったところです。准看護師だと低くて15,000円、高くて30,000円くらいが相場です。

1回の夜勤の給料を低めに提示しているのは、夜勤の時間そのものが短く設定されているか、透析室や病棟の短時間の勤務などあまり忙しくない場合がほとんどです。その分、勤務時間に関しては融通が利きやすく、子育てや家事の合間を縫って仕事と家庭を両立させられます。こうした職場では最初からダブルワーク、副業を許可しており、短時間だけの勤務が多いのです。

通勤が楽な求人が多い

駅から徒歩5分以内など、通勤に当たっても楽であるのが特徴です。北海道は広い面積を持つ分、移動手段を確保しておかないと大変なことになります。よって、交通機関を使える距離にある職場か、車を自由に使えるよう駐車場を無料で使える職場がお勧めです。

また、育児と仕事を両立させたい人向けに、院内託児所完備、もしくは近所の託児所、保育所を紹介する制度を作っている職場が多くなっています。

北海道の病院で働く夜勤専従看護師

北海道の病院からの求人では、多少のブランクがあっても経験者を優遇する傾向にあります。ブランクある人にはその都度、その人に合わせた教育制度を準備しており、安心して復職できる体制が整っています。

例えば、最近は電子カルテを導入している病院が多く、離職した時は電子カルテを導入していなかった人がかなりの割合でいるため、電子カルテについての研修は必須となっています。

多いのは一般病棟での夜勤専従看護師の募集で、特に札幌市内の病院からの求人が多数見られます。新卒、第2新卒、ブランク可と言ったところが多く、新卒者は研修を受けてからの夜勤が可能です。

一般病棟勤務の場合、1か月9回のフル勤務の求人が多く、その分充実した休みと福利厚生を受けられるシステムになっています。

例えば、とある整形外科からの求人では准看護師を募集しており、難しい仕事を含めて整形外科の専門知識、技術を得られるような仕事をすることになります。この求人だとダブルワークはできませんが、その分条件が良く働きやすい条件が整っています。

北海道の介護施設で働く夜勤専従看護師

北海道の介護施設の夜勤専従の求人は、主に札幌市、江別市、室蘭市など、人口が多い市町村に集中し、特に多いのは札幌市内で、北区、白石区、中央区などに多数の老人保健施設、高齢者向け住宅、介護付きの有料老人ホーム、特別養護老人ホームなどが見られます。

正看護師、准看護師の双方を募集しており、ダブルワークや副業で夜勤専従看護師をしたい人向けとなっています。

老人ホームは定員が50名ほどの小規模なものから、100名単位の利用者がいる大規模なものまであり、高齢者住宅は高齢者の足腰を考えて通いやすく出かけやすい立地条件のところが多いと言う特徴を持ちます。大抵は駅から5分以内、遠くても10分以内です。

施設がある市内に住んでいる人に日勤を任せ、市外に住んでいる人は夜勤専従を頼むという分け方をしています。日勤の人の帰りが遅くなっても市内在住なら問題ありませんし、夜勤の人は夜が空けて交通機関が動き出してからの帰りとなるため、遅くなっても問題ないというメリットがあります。

出来れば月に6回以上勤務できる人を歓迎しており、限界数である9回まで勤務出来れば有利に採用されます。こうした夜勤の回数については、採用に当たって面接で相談を受け付けていて、都合が悪くなった場合はその都度変更が利きます。

中には老健や老人ホームが未経験という人もいるでしょうから、先輩看護師からのフォロー体制を整えてあります。

就業が決まり次第、どれくらいのスキルを持っているのか確認し、事前の打ち合わせでどの程度の研修を受けるのか決めます。家族がいるのであれば、扶養内勤務ができるように調整することも可能です。