宮崎県の夜勤専従看護師求人事情

夜勤1回あたりの給与の相場

宮崎県の夜勤専従看護師求人は、あまり給与は高くないものの様々な福利厚生がつけられ、特典が多いという点が挙げられます。給与の相場は、正看護師の場合は1回の夜勤につき24,000円、低くて17,000円、高くて30,000円くらいが平均です。

准看護師の場合は、1回の夜勤につき22,000円、低くて16,000円、高くて27,000円くらいが平均です。全国平均から見ればやや低め、それでも平均は保っているくらいです。

夜勤専従看護師の求人が見られる地域

求人数が多いのは県庁所在地の宮崎市で県全体の大半を占め、次いで都城市、延岡市、日南市、日向市、小林市、少し数を減らして西都市、児湯郡高鍋町、東諸県郡国富町、えびの市、串間市などが続きます。えびの市は介護施設が比較的多く、介護施設の求人を探す上でお勧めです。

そして、職場によって多少の違いはありますが働く看護師へのバックアップ体制が整っています。夜勤専従が初めてという看護師への先輩看護師から指導体制、月ごとの技術研修などが実施されることが多いです。

もともと宮崎県の看護師の平均年齢は36.6歳と全国平均を下回っており、若い看護師が大勢働いていることが分かり、若手が働く上での土壌があり、女性同士語らい合えます。

因みに男女比で言えば女性3,250名、男性290名と言う比率で、女性が働きやすく男性があまり進出していないのが宮崎県の看護業界の事情です。ただし夜勤専従は男性が進出しやすい業界であるため、夜勤専従として働いていくことを決めれば男性看護師と接触する機会は自ずと増えていくことが予想されます。

宮崎県の病院で働く夜勤専従看護師

宮崎県都城市にある内科、外科、整形外科、リハビリテーション科などからなる総合病院の求人では、正看・准看護師の両方の夜勤スタッフを募集しています。雇用形態は常勤で、最初の3か月間は試用期間となり、勤務時間は17時から翌朝9時です。

複数の診療科があるため、いろんな分野で経験を積みたい人、今までの経験を活かして働いてみたいという希望を持つ人にお勧めです。

配属先は希望する診療科の一般病棟となり、大手というほど規模は大きくありませんが、ブランクを埋めたり、経験を積んでいくのにぴったりの職場です。ブランクのある人や夜勤専従が初めてという人も安心して働けるようになっています。

また、お子さんが小さい人向けに院内託児所を利用可能で、お子さん1人目は有料ですが、2人目からは半額、3人目以降は無料で利用できるというメリットがあります。

宮崎県の介護施設で働く夜勤専従看護師

勤務地 宮崎県都城市
施設区分 高齢者介護施設(住宅型有料老人ホーム、通所、訪問介護のいずれか)
募集資格 正看・准看護師、介護福祉士、ヘルパー2級以上
給与 基本給の150,000円~170,000円
夜勤手当、扶養手当あり
通勤手当は上限5,000円
その他 普通自動車免許が必須

託児所はないものの、育児休業取得実績があり、結婚後や出産後も働きやすい環境となっています。今回は常勤の正社員のみの募集ですが、過去にパートを募集したことがあります。

従業員のうち大半が女性であるため、女性が応募するに当たって気が楽という点、男性が応募する場合は肉体労働要員として期待されることが予想されます。