名称 聖路加看護大学 看護実践開発研究センター
住所 東京都中央区築地3-8-5
学べる分野 不妊症、がん化学療法、訪問看護(認定看護師教育課程)
特徴

聖路加看護大学の認定看護師教育課程は、2008年に始まりました。優れた講師陣、ユニークなカリキュラム、そして充実した学習環境にその特色があります。講師陣は経験豊富な教員や聖路加国際病院の職員、研究機関の専門家であり、豊富な臨床や教育経験をもとに指導をしています。

また、仕事を続けながらでも研修を受けることができるように配慮されたスケジュールになっています。講義科目は週に2日、金曜日と土曜日にだけ開講されていて、共通科目はおよそ5週間の夏期集中、実習はおよそ4週間の集中で行われています。国内有数の看護学関連書籍や雑誌を閲覧することのできる図書室にはパソコンやインターネット環境も整備されいて、学習をサポートします。

東京都心という抜群のアクセスの良さも魅力的です。

開講期間は毎年6月から翌年2月までの合計9ヶ月です。それぞれの専門に特化した3コースが開講されていて、「不妊症看護コース」はリプロダクティブ・ヘルスの観点から質の高い看護能力を身につけ、不妊看護分野における他の看護職者に対する指導能力を育成することも目的としています。

「がん化学療法看護コース」はがん化学療法に関して高い水準の看護を実践し、専門知識と実践力で他の看護職者に対する指導能力も育成することを目的としています。

「訪問看護コース」はケースマネージメント能力を基盤とした質の高い訪問看護能力、在宅ケアチームにおけるリーダーシップ力の育成を目的としています。

受験資格

日本の看護師免許を持っていて、看護師としての実務経験は通算5年以上であることが必要です。そのうち希望コースの患者さんが多い部門で、通算3年の経験が必要です。希望コースの患者さんに関する看護実績は、5例以上が求められます。

受験内容 書面審査、筆記試験(専門科目・小論文)、面接
日程
  • 申込期間:2014/1/20~2014/2/6
  • 試験日:2014/3/1
  • 試験の頻度:年1回
受験会場 聖路加看護大学本館または2号館
詳細 http://rcdnp.slcn.ac.jp/