和歌山県の保育園の看護師求人

和歌山県では、H25年4月現在、210の保育園があります。和歌山市では、市立の保育園にも、ナースが配属されているところがあるなど、このうちのいくつかの保育園で、看護師が常駐しています。

県内では、保育園への入園者数が年々増えてきており、特に3歳未満の園児数が伸びています。こうしたことから、今後、看護師を採用する保育園が増えてくる可能性もあります。

保育園は、県庁所在地である和歌山市、海岸沿いの海南市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市、JR和歌山線沿線の岩出市、紀の川市、橋本市といった、県内の拠点都市で多くなっています。全体の4分の1の保育園が集中し、私立保育園の半数近くが集まる和歌山市はもとより、これらの都市を中心に、注意深く情報を集めるようにするとよいでしょう。

和歌山県の幼稚園の看護師求人

H25年4月現在、和歌山県の幼稚園数は、99となっています。保育園需要の高まりに伴い、幼稚園児数は減少傾向にあり、休園中も7園あります。また、山間部では、幼稚園自体がないところもあります。

和歌山県で幼稚園における看護師の求人を探すのは、保育園での求人を探すより、難しいと考えられます。しかし、美浜町、印南町、那智勝浦町などでは、幼保両方の機能を持った認定こども園が設置されています。

また、私立幼稚園では、有料で18時までの預かり保育を実施しているところも多く、保育園並に、保育時間が延長されているところもあります。こうした私立幼稚園の多くが集まる和歌山市などでは、今後、看護師の配置を検討する園が出てくるかもしれません。幼稚園の今後の動向について、情報を逃がさないように、敏感になっておくことをおすすめします。

和歌山県の託児所の看護師求人

県内の託児所は、届出が出されている認可外保育施設として、H24年3月末日現在、一般施設23、そのほか事業所内に設けられている保育施設が53あります。両方合わせて1100人余りの子どもが在籍しています。

施設数、園児数とも、近畿内で一番少なく、全国的に見ても多いほうではありません。このため、注意深く求人を探していく必要があるでしょう。しかし、最近では、和歌山市内の病院が院内に託児所を設け、看護師を募集するなどの動きがあります。

また、白浜や勝浦などをはじめとする観光が盛んな地域では、休日保育の必要性から、認可外保育施設の需要が高まっています。認可外保育施設では、必要保育者数の3分の1以上は、保育士または、看護師の有資格者でなくてはならないといった、認可外保育施設監督基準があります。今後、こうした地域で、看護師求人が出てくるかもしれません。

和歌山県の病児保育の看護師求人

和歌山県で、全国病児保育協議会に加盟している病児保育施設は、和歌山市、有田川町、田辺市の各自治体にある3施設です。このほかに、御坊市などにも施設があります。近畿内で見ても施設数が少ない同県は、病児保育自体、まだまだこれからといった地域といえるでしょう。

和歌山市にある施設は、2012年5月に市内初の病児保育施設として誕生したものですし、有田川町の施設も、同年夏からの運用だからです。また、同県では、近隣のいくつかの自治体で、ひとつの病児保育を利用しているような状態です。

例えば、有田川町にある病児保育は、湯浅町や広川町の人も利用しますし、日高町の場合は御坊市の施設を利用します。

しかし、病児保育に対する需要は高く、特に県内の都市部において、新しく設置する動きも出てきています。病児保育は、看護師の適切なケアを必要とするものです。今後、看護師求人も出てくるかもしれません。

市区町村での違い

和歌山県で、保育政策を考えるとき、「都市型地域」と「地方型地域」という言葉が使われています。県庁所在地である和歌山市をはじめ、海南市、有田市、有田川町、御坊市、田辺市、新宮市などの沿岸地域や、JR和歌山線沿線の岩出市、紀の川市、橋本市などが前者にあたります。

これらの地域では、保育施設への需要も高く、多様なニーズがあります。そのため、保育施設も複数あり、看護師の求人も見込める地域といえるでしょう。なかでも多くの施設が集まる和歌山市が、求人の中心になるでしょう。

しかし、和歌山県では、上記以外の県域の多くを、山間部が占めます。これらの地域は、後者に分類され、保育施設がへき地保育所のみのしかないところもあります。幼保両方の機能を持った施設の開設などが検討されていますが、今のところ看護師の募集の数が増えることを期待することは難しいかもしれません。