大分県の保育園の看護師求人

大分県は全国的に見ても保育園で働く看護師の求人募集が多い地域であり、職場を探す上でそれ程苦労する事がありません。大分県には全部でおよそ200ヶ所の保育園があり、県庁所在地である大分市にはおよそ70ヶ所が集中しています。

佐伯市や別府市、中津市、豊後大野市等の人口が多い都市にも10ヶ所から20ヶ所程度があります。最も少ない姫島村に至るまで、最低でも1ヶ所は保育園が設けられています。

ナースが働きやすい環境形成にも取り組まれていて、ブランク明けの復職先として保育園を選ぶ人は徐々に増えています。特に子育て中のナースが復帰する職場として、保育園は適しています。

大分県の幼稚園の看護師求人

大分県では保育施設による看護師の求人として、幼稚園による募集も多くなっています。幼稚園の数はかなり多く、大分県には全部でおよそ400ヶ所があります。大分市の130ヶ所を筆頭に人口が多い佐伯市や別府市、中津市、宇佐市、日田市にもそれぞれおよそ30ヶ所ずつがあります。

その他の市町村にも少なくて10ヶ所程度はありますから、自宅に近い幼稚園や条件の良い幼稚園を選んで求人へ応募する事が可能です。全体的に求人数は年々増えていて、ナースの人手不足を解消すべく積極的な採用が行われています。幼稚園で採用する看護師は基本的に1人ですが、人数を増やす事で1人体制による不安の解消に繋げる目的もあります。

大分県の託児所の看護師求人

大分県の託児所には様々なタイプがあり、保護者の生活スタイルに合わせて一時預かり、日曜保育、祝日保育、夜間保育、一時保育、時間外保育等の多様な受け入れが行われています。保護者としては仕事だけでなく買い物、カルチャースクールに通っている時間帯だけ等の利用も可能です。

必ずしも託児所で看護師の求人はあると限りませんが、その対応が幅広い事から需要は高くなっています。ただ採用活動の中心は、ナースよりも保育士です。

大分県の病児保育の看護師求人

大分県の保育施設から出されている看護師求人の内訳で、病児保育の求人は限られています。大分県には9ヶ所の病児保育施設があり、県庁所在地の大分市にある4ヶ所と宇佐市、中津市、日田市、豊後大野市、別府市にそれぞれ1ヶ所があります。

小児科のクリニックや医院等のように個人で経営されている医療機関が実施している場合、総合的に乳幼児を支援している大規模な施設で実施している場合もあります。

その他、特に大手企業でオフィスや工場に保育所を設け、職員が安心して働く為の福利厚生に貢献する一環として病児保育施設に対応している場合もあります。仕事に打ち込む事の出来る環境は大切ですから、病児へのケアは今後より重要になると考えられ、看護師のニーズも高まると見込まれています。

市区町村での違い

大分県で働いている看護師の数は、およそ17,000人です。10万人の人口に対して看護師はおよそ1,300人の割合であり、これは全国平均をかなり上回っています。ただ、この人数はあくまでも看護師の資格を持っている人の数であり、実際に看護職として働いている人はより少なくなっています。

他県に比べれば余裕はありますが、大分県内では地域格差や医療格差が問題視されています。保育施設の大部分は県庁所在地である大分市に集中していて、これは人口の集中具合から考えても当然です。

大分市に次いで佐伯市や別府市、中津市、宇佐市、日田市、豊後大野市にも人口は多く、子供も多い都市である為に保育施設は充実しています。ある程度の人口がある由布市、九重町、白杵市、杵築市、国東市、玖珠町、津久見市、武田市、日出市にもおよそ10ヶ所ずつの保育施設があります。

ただ、大分県の離島で唯一村制になっている姫島村については、地理的な特徴もあって保育施設の数が少なくなっています。こうした地域格差を解消する為に、問題点が多い中山間地域は地域医療再生計画の対象とされています。