長崎県の保育園の看護師求人

長崎県の全体にある保育園(保育所)の数は、およそ330ヶ所です。この数は、全国47都道府県でも上位となっています。公立保育園は60ヶ所以上があり、私立保育園は長崎市と佐世保市だけで50ヶ所近くの施設があります。

長崎県では1日に8時間の保育を原則としていますが、共働き世帯が多い事も考慮されていて、延長保育が実施されている保育園もあります。看護師が配置されている場合、保育時間の中で待機している時間は正規の8時間になっている場合が殆どであるものの、週5日制の勤務形態に基づき場合によって、延長保育時間帯に待機する事もあります。

長崎県内で看護師を募集している保育園は多くなく、看護師の配置が全国的にも完全に浸透している状況ではないため、急ピッチで雇用が進められている段階にはありません。

長崎県の幼稚園の看護師求人

長崎県内にある幼稚園の数はおよそ180ヶ所であり、保育園の数と同様に全国47都道府県中では上位です。ただし、幼稚園については保育園のように公立の園が少ない為、計画的に設置されていない状況であり、地域によって数には大きな差があります。

少子化が進んでいる中で、幼稚園は今や保護者から選ばれる教育機関としても位置付けられています。園児を確保する為には幼稚園にも独自の工夫した取り組みが求められ、看護師の配置が進められている事もその一環です。看護師については、私立幼稚園を中心として多く常駐しています。

私立幼稚園では一層の経営努力が求められる為、充実した環境の構築に看護師も貢献しています。幼稚園の数については県庁所在地である長崎市が50ヶ所を超えていて最も多く、次いで佐世保市が30ヶ所を超えています。

東彼杵郡や西彼杵郡には、私立幼稚園しかありません。一方南松浦郡の離島で構成されている新上五島町には、公立幼稚園だけが設置されています。このような離島の幼稚園では園児が10人を下回っている場合もあり、教職員が2人体制になっている例もあります。この規模では、看護師を配置する事も困難です。

長崎県の託児所の看護師求人

長崎県にある保育施設で、託児所による看護師の求人募集はあまり見受けられません。施設としては様々な場所に設置されているのですが、看護師を待機させるとなると施設としてある程度のしっかりした規模が必要とされるのです。

看護師にとって身近なニーズとしては、病院内等に設置されている託児所の存在があります。長崎県では人口10万人あたりの病院数が9軒を超えていて、全国でもかなり高い数字になっています。その中に院内託児所を設置している病院も多く、そこに看護師のニーズもあるのです。

長崎県の病児保育の看護師求人

長崎県で病児保育を実施している施設としては、14ヶ所があります。病児・病後保育を専門としている施設もあり、長崎県が手厚く子育てを支援している事がわかります。その他には、病院内に併設されている保育施設もあります。

勤務しているスタッフは看護師であるとは限らず、第一に子育てや保育の実務経験を持っている事が優先されます。そこに看護師等の資格もあると、より歓迎されます。

市区町村での違い

長崎県内では公立、私立を含めるとある程度バランス良く保育施設が設置されていて、対馬市や五島市等でも20ヶ所近い施設があります。長崎市や佐世保市も含めて県の中心となっている地域では企業が多い事から労働人口も多く、それだけ保育施設の需要があります。

特に中心部の保育施設では保育時間が長くなる傾向もある為諸々のケースについて想定し、看護師を常駐させる場合が増えています。郡部等で1人の職員が数人の子供を担当している程度の規模ですと、人件費の面も含めて看護師を配置していると運営が立ち行かなくなってしまうのです。子供達の健康が守られなければならない事は勿論ながら、理想的な環境が実現される為には課題も多くあります。