宮崎県の保育園の看護師求人

宮崎県の保育園は、全部で約470箇所あります。そのうち県庁所在地である宮崎市に約150箇所、都城市に約70箇所、延岡市に約50か所、小林市、日向市、日南市、西都市に約20個所ずつ、三俣氏、高鍋市、串間市、新富市、国富市に10箇所前後、残りの市町村に数か所ずつとなっています。

宮崎県は全体的に子供の数が多く、九州地方でも全体的に人口の多い県であるため、保育園は必要不可欠なのです。勤務する保育士はベテランから若手までおり、看護師が仕事をする上でサポートしてくれたり、連携を取ることが多い貴重な同僚となってくれることでしょう。

自然豊かな宮崎県では、わざわざ遊具を作らずとも身近に自然があるため、保育園の中にそのままの自然が残されていることが多いのが特徴です。その分怪我をする危険性もありますから、ナースの仕事はそうした場合の応急処置と、怪我をしない遊び方の指導などになります。

園によっては遊具が皆無ということもあり、自然の中で健康を培うことを教える役目を帯びることがあります。敷地が狭い保育園であっても、大抵自然豊かな環境となっています。

宮崎県の幼稚園の看護師求人

宮崎県の幼稚園は、全部で約140箇所あります。そのうち県庁所在地である宮崎市には約50か所、都城市、延岡市には約20個所ずつ、日向市、日南市、小林市に10箇所前後、残りの市町村に数か所ずつとなっています。

宮崎市では子供の教育に熱心な幼稚園がおおく、体操教室や遠足と言った身体を動かす時間に加え、お琴教室、マフラー教室など、室内で出来る教養の時間を組み込んでいます。

圏内の幼稚園は小規模で園児が少なく、保育士や看護師の目が行き届きやすい小規模な幼稚園と、大規模で園児の数も保育士、ナースの数も多い幼稚園とに分かれています。前者は求人が見つけにくいものの、その分充実した仕事ができ、後者は求人が見つけやすいという特徴があります。

宮崎県の託児所の看護師求人

宮崎県の託児所は、県庁所在地である宮崎市や宮崎市に次いで人口の多い都城市などに集中しています。もちろん他の市町村にもありますが、宮崎市や都城市で求人を探す方が効率的なのは確かです。

宮崎県の託児所の特徴は、学童保育を積極的に行っていることで、対象年齢が広いという点です。子供が大きくなる程、職場復帰を考える親御さんが増えてくるため、働き手の多い宮崎県では対象年齢を拡大する傾向があります。

都城市の託児所は駅前や駅に近い場所に作られており、親御さんが迎えに来やすい立地条件となっています。

宮崎県の病児保育の看護師求人

宮崎県の病児保育は、全部で13か所あります。そのうち県庁所在地である宮崎市に4箇所、延岡市に2箇所、三股町、日南市、北側帳、国富町、日向市、都城市に1個所ずつとなっています。

宮崎県の病児保育の看護師求人の特徴は、保育園や保育室が健康な園児に加えて、病気や具合の悪いお子さん、病後のお子さんの預かりも行っている場合が多いという点です。そのため、通常の保育園としての機能も備えており、ナースや保育士は健康な園児の世話も含めて行っています。

通常の保育園のように、保育室に詰める仕事と病児保育の仕事、両方をこなせる力量が求められてきます。施設によっては食事療法を行うこともあり、親御さんが早めに申請することで園児の健康状態に合わせて、食事療法に対応できます。このあたりはナースと栄養士の話し合いが必要であり、一般的な保育園よりもスタッフ同士の連携力が必要となってきます。

市区町村での違い

宮崎県内では、県庁所在地の宮崎市が圧倒的に保育施設が多く、通う園児の数も確保しやすいことから、求人を探す上で有利になります。都城市や延岡市なども比較的保育施設が多い方で、他に日向市、日南市、小林市、えびの市も一定数の保育施設があります。

どうしても宮崎市に通勤できない人、地元に近いところで働きたい人は、これらの市区町村がお勧めです。対照的なのが諸塚村、高原町、都農町などの過疎化が進んでいる市区町村で、保育施設が数か所しかなく、求人を見つけにくくなっています。