福井県の保育園の看護師求人

福井県の保育園は、全部で約290箇所あります。そのうち県庁所在地である福井市に約90箇所、坂井市に約30か所、敦賀市、鯖江市、小浜市、越前市に約20個所、勝山市、越前町、若狭町、永平寺町、あわら市、南越前町、大野市に十数か所、その他市町村に数か所ずつとなっています。

福井県の保育園は規模が大きく、入園できる園児の数が多いタイプの保育園と、小規模で園児とスタッフの数が少ないタイプの保育園とに分かれます。前者の場合は、雇われる保育士や看護師の数が多く、採用されやすい傾向にあります。

通常保育園は1つにつき1名が採用枠ですが、前者のタイプでは2名から3名、数名体制で保健室に勤めることになり、1名あたりの負担が軽くなります。後者の場合、面倒を見る園児の数が少ないことから、採用枠は1名に限定されるものの、仕事のやりがいを感じやすいというメリットがあります。

アットホームな職場が多く、職場でのストレスを感じにくいため、採用枠が1名でも試してみる価値はあるでしょう。また一般的な保育園とは違うインターナショナルスクールの保育園版もあります。

福井県の幼稚園の看護師求人

福井県の幼稚園は、全部で約110箇所あります。そのうち県庁所在地である福井市に約40箇所、坂井市、越前市に約20か所弱、敦賀市、鯖江市、あわら市、大野市に約10か所弱、残りの市町村に数か所ずつとなっています。

福井市は特例市に指定される人口の多い市で、必要に応じて幼稚園の数が突出しています。市内に複数の大学の附属幼稚園もありますから、将来の保育士や看護師の勉強の場ともなっています。

よって、福井県の幼稚園で働くことは、将来の後輩の面倒を見ることになり、病院勤めと少し似た環境ともなります。これらの幼稚園は幼小中と一貫教育を行っているところが多く、卒園して行った子供が実習に戻ってくることもあります。

幼稚園が教育機関であるということを実感しやすく、テキストで学ぶのではなく身体で学び、自由な発想ができます。またセキュリティ対策として守衛さんがいますから、働く方としても安心して子供たちを見守ることができます。

福井県の託児所の看護師求人

福井県の託児所は、大半が県庁所在地である福井市に集中している状態です。その分駅に近い場所に立地していたり、交通の便が良いところに施設があるため、親御さんにとってはお子さんを預けやすく、スタッフにとっては通勤しやすい環境が整っています。

受け入れ対象に学童を入れている託児所も多いため、小さなお子さんの相手だけでなく、ある程度大きなお子さんの相手も仕事に含まれます。副県では子育て関係の事業を支援する取り組みがなさているため、福井県在住であれば補助を受けられ、特別割引を受けられるようになりました。

こうした背景から以前に比べて現在は気軽に託児所を利用できます。そのために利用者数はかなりの数が予想され、看護師の仕事も多忙となります。

福井県の病児保育の看護師求人

福井県の病児保育は、全部で16か所あります。そのうち福井市に4箇所、越前市、敦賀市に2箇所ずつ、おおい町、あわら市、大野市、小浜市、坂井市、鯖江市、越前町に1個所ずつあります。

福井県の病児保育施設の特徴として、個人病院やクリニック、公立病院の併設施設として病児保育施設が作られるケースが多いという点が挙げられます。

福井県全体で子育て支援を行っている上、市によっては病児デイケア事業として病児保育に関しても支援を受けられるため、安く病児保育施設を利用できます。その分働くナースの給料が下がる訳ではなく、補助金の方から給料が回ってきます。

市区町村での違い

福井県は県庁所在地である福井市に大半の保育施設が集中しており、求人を探す上での効率を考えると、福井市から探し出した方が手っ取り早くて済みます。福井市以外では、隣接する坂井市、勝山市、大野市、越前市、鯖江市、越前町などに保育施設が分散しています。

逆に池田町、南越前町、小浜市などは保育施設の数が数か所しかないため、求人を探す上で手間取ってしまうというデメリットがあります。