鹿児島県の保育園(保育所)の看護師求人

鹿児島県の保育園は、全部で約650箇所あります。そのうち県庁所在地である鹿児島市に約180箇所、薩摩川内市、鹿屋市、霧島市に約50か所、日置市、姶良市、奄美市に約20個所ずつ、出水市、南九州市、指宿市、南さつま市、伊佐市、志布志市、さつま町に十数か所ずつ、残りの市町村に数か所ずつ設置されています。

鹿児島県は子供を熱心に育てる傾向があり、年長組が年少組の面倒を見ることもあります。看護師の仕事はそうした姿を見守り、万が一の怪我に備えて待機し、日頃の健康指導、衛生指導に当たることです。下に弟妹がいた経験があったり、子育て経験のある人の方が採用されやすい傾向にあります。

鹿児島県の幼稚園の看護師求人

鹿児島県の幼稚園は、全部で約240箇所あります。そのうち県庁所在地である鹿児島市に約75箇所、薩摩川内市、霧島市、姶良市に約20か所弱、残りの市町村に数か所ずつ設置されています。

鹿児島県全体としては幼稚園の数が多いものの、離島にある幼稚園はその島のお子さん全てをカバーしなくてはならず、常に人手不足です。離島で勤務する決心さえつけば、鹿児島市以外で求人を探すのはそれほど難しくありません。

保育園の数が多いだけあって保育園により方針は大きく異なり、看護師の役割にも変化が見られます。縦割りクラスを導入している幼稚園や行事を多数導入し、看護師の同行が多い幼稚園など、園によって本当に仕事内容が多種多彩なのが特徴です。加えて、鹿児島独特の文化や伝統を学ぶ機会が多数設けられています。

鹿児島県の託児所の看護師求人

鹿児島県の託児所は、基本的に県庁所在地である鹿児島市に集中しています。鹿児島市以外では霧島市や奄美市など、ある程度人口の集中した市町村に限られていて、看護師が託児所の求人を探す場合、やはり鹿児島市内に限って探した方がはるかに能率的に進むことでしょう。

理由として、鹿児島市はこの周辺地域の中心地であり働く親御さんが集中しているからです。鹿児島市の託児所では一時保育から日曜祝祭日受け入れ、夜間保育など、保護者の事情に応じて受け入れてくれるところが多いのが特徴で、特に母親にとって大変な産休明けから受け入れてもらえるのが有難く本当に小さなお子さん相手の仕事になります。

鹿児島県の病児保育の看護師求人

鹿児島県の病児保育の数は全部で17か所あり、九州地方の平均数をやや上回っているくらいです。内訳は県庁所在地である鹿児島市に8か所、指宿市、指宿市に2箇所、隼人町、和泊町、鹿野市、霧島市、薩摩川内市、志布志市、志布志町、日置市に1個所ずつあります。

中でも鹿児島市は鹿児島県内の人口の3分の1が集中しており、鹿児島都市圏を構成しています。自然と働き手がが多く集まり、九州新幹線が開業したことによって県内外から人が集まるようになりました。

その中には県外から就職に訪れるナースも大勢いて、地元民以外も働いているのが鹿児島県の特徴です。特に霧島市は病児保育に力を入れているため、鹿児島市であぶれた場合は霧島市で求人を探してみると良いでしょう。

市区町村での違い

鹿児島県は九州地方の中心地のひとつで、九州島の県本土と離島とで構成され、広い面積と九州でもかなりの数の人口を持っています。その人口を支えるために自然と保育施設の数は多くなり、特に県庁所在地の鹿児島市は突出して多い傾向にあります。

鹿児島県の最大の特徴は、離島を多数持っていることで保育施設の充実ぶりが県本土とかなり違うという点です。離島は人が多いところは多いのですが、保育施設を作るのにも限度があり、ナースを呼びたくても応えてくれる人が少ないのです。離島に通勤したり、離島に住むつもりであれば求人は見つけやすくて済みますが、奄美大島や種子島と言った比較的人口が多く安定した離島では保育園の数が一定数確保され、更に求人を探しやすくなっています。