1位 札幌医科大学附属病院

札幌医科大学附属病院は、高度な医療を提供する、病床数の多い規模の大きな病院です。

クリニカルラダー認定制度を採用した教育システムの充実や、チームナーシングに受け持ち制を取り入れた看護方式などが、スキルアップを目指す看護師に人気となっています。

新人看護師を対象とした看護キャリア支援センターが設置されているため、未経験でも安心して働くことができます。専門看護師、認定看護師、男性看護師も、多く在籍しています。

全体的にキャリア志向の強い看護師が多いため、お互いに刺激し合って、能力を高めて行くことができます。

●基本情報
病院所在地は、北海道札幌市中央区南1条西16-291です。採用試験は年5回実施されており、70名程度が採用されています。非常勤やパートの募集は、随時行われています。

給料は能力に応じて、夜勤手当等を含めて、27万円前後で設定されています。その他には、通勤手当、扶養手当、寒冷地手当などが加算されます。勤務形態は3交替制で、実働週38時間45分となっています。昇給は年1回、ボーナスは年2回支給されます。

2位 北海道大学病院

北海道大学病院は、歯科診療センターを備えた、歯科治療にも定評のある病院です。医科のほか、歯科診療の分野で活躍したいと考える看護師にも人気があります。

充実した教育体制に定評があり、段階的にキャリアアップをすることができる、北大版実践能力開発ラダーシステムが高く評価されています。専門・認定看護師を目指すためのサポートも充実しています。

また、出産・子育てなどで一旦現場から離れた看護師を対象とした、復職プログラムが設けられているため、安心して職場復帰することができるというのも、人気の高い理由となっています。

●基本情報
病院の所在地は、北海道札幌市北区北14条西5丁目です。新卒採用試験は年1回実施されており、100名程度が採用されています。部門別の中途採用については、随時行われています。

初任給は主要手当を含めて、21万円前後で設定されています。その他には、通勤手当、住宅手当などが加算されます。勤務形態は4週8休で、2交替制および3交替制となっています。昇給は年1回、ボーナスは年2回支給されます。大学構内に、24時間対応の保育園が設置されています。

3位 釧路赤十字病院

釧路赤十字病院は、総合周産期母子医療センターを備え、小児救急医療の拠点病院になっていることから、産婦人科や小児科に興味のある看護師に人気が高くなっています。

赤十字病院ならではの充実した教育体制が整えられており、医療従事者同士のチームワークの良さにも定評があります。

また、常勤のほか非常勤やパートでの採用も積極的に行われているため、自分のライフスタイルに合わせて働きやすいというのも、とくに家庭を持つ看護師に高く評価されています。

●基本情報
病院の所在地は、北海道釧路市新栄町21-14です。看護師の募集は新卒採用以外でも頻繁に行われており、その都度若干名が採用されています。日勤のみ、パート勤務、夜勤専従なども選択することができます。

給料は日本赤十字社の規定に沿って、経験などに応じて設定がされています。勤務形態は週休2日制の3交替制で、週労働時間は38時間45分となっています。各種休暇制度を含む、福利厚生が充実しています。

4位 帯広厚生病院

帯広厚生病院は、十勝地域で一番規模が大きく、地域医療のすべてを担っている病院となります。

子どもから妊産婦、お年寄りまでと、幅広い地域住民の健康を管理しており、信頼が厚いというのが、働くことを希望する看護師の多い理由にもなっています。

また、福利厚生が充実しており、給料が比較的高く設定されているというのも、人気の高い理由の1つです。雇用形態が幅広く、子育て中のママさんナースへの配慮もあるなど、働きやすい環境に定評があります。

●基本情報
病院の所在地は、北海道帯広市西6条南8-1です。看護師募集は、中途採用やパートなども含めて、北海道厚生農業協同組合連合会にて行われています。

勤務形態には2交替制および3交替制があり、パート勤務の場合は日勤のみでも可能となっています。4週8休の、完全週休2日制となっています。給料は経験年数によって設定されており、通勤手当、住宅手当なども支給されています。