東京都立松沢病院の基本求人情報

病院名 東京都立松沢病院
住所 東京都世田谷区上北沢2-1-1
病床数 898床
看護師数 480人
交通 京王線八幡山駅から徒歩3分
車通勤 不可
カルテの種類 電子カルテ
給与 大卒282,030円、3年卒272,230円、2年卒264,350円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 初任給調整手当、扶養手当、住宅手当、通勤手当、特殊勤務手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時20分から午後5時5分、夜勤午後4時10分から午前9時10分
三交替制:日勤午前8時20分から午後5時5分、準夜勤午後3時50分から午後11時35分、深夜勤午後11時から午前9時
休日・休暇 年次休暇(20日)、夏季休暇(5日)、国民の休日、年末年始休暇、妊娠出産休暇、慶弔休暇、長期勤続休暇など
福利厚生 地方職員共済組合、育児短時間勤務制度、互助組合による旅行、クラブ活動など
看護師寮 あり(独身寮個室1R、寮費9,200円から12,600円)
託児所 あり(3歳未満、日勤帯で有料)

常勤職員の採用

東京都病院経営本部によって書類選考、小論文、面接からなる看護職員採用試験が実施されています。都立病院一括の試験ではありますが、勤務先として希望する病院への配属については最大限の配慮がなされます。

新卒者のほか、経験者も別に行われています。経験者については具体的なキャリアの年数を問わず、一定の基準にもとづいて給与の加算額が算定されます。

非常勤職員の採用

随時の募集が行われていて、採用は面接によって決まります。勤務形態としては日勤専従や夜勤専従、ダブルワークなどといったように生活のスタイルと合わせて幅広い働き方を選ぶことができ、勤務日数などを希望することも可能です。

勤務日数の条件を満たすことで有給休暇や夏季休暇の対象になり、また院内研修へ参加することやキャリアアップに関する支援を受けることもできます。給与については日給が病棟ですと日勤で15,800円、準夜勤で16,100円、深夜勤で22,600円となっていて外来やデイケアでは日勤で14,000円となります。

東京都立松沢病院の教育制度

研修制度は基礎コース、専門コースで構成されています。具体的な教育内容については看護実践、役割遂行、教育研修といった分野を学びます。

卒後3年の基礎コースでは、自立した一人前の看護職になることが目標となります。看護師として基礎を確立するところからスタートし、自立するに至った後はチームリーダーとしての基礎までを確立させます。

また、専門コースにおいて、精神看護の専門知識を身につけることもできます。2年の研修によって、心身両面のケアへ対応することを目指します。

東京都立松沢病院の特徴

古く1872年に、東京府癲狂院として上野公園で設立されました。当初から開放病棟などを擁していて、精神病院としても先端を走る存在でした。

精神科急性期医療や精神科救急医療、認知症医療、早期支援・青年期医療、医療観察法医療などが重点医療として掲げられています。精神応急入院指定病院や東京都災害拠点病院としても、指定されています。