岐阜県総合医療センターの基本求人情報

病院名 岐阜県総合医療センター
住所 岐阜県岐阜市野一色4-6-1
病床数 590床
看護師数 744人
交通 JR・名鉄岐阜駅からバスに乗車し岐阜県総合医療センター口停留所で下車して徒歩約5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 4大卒294,319円、3年卒288,303円、2年卒278,204円
賞与 年2回
手当 住宅手当、通勤手当、地域手当、扶養手当、夜勤手当、時間外勤務手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時から午前9時45分、午後8時30分から午前9時45分
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(20日)、介護休暇、育児休暇、出産休暇、夏期休暇、ボランティア休暇など
福利厚生 地方職員共済組合、契約リゾートホテル、割引契約施設、看護職員就職準備金貸付制度など
看護師寮 あり(敷地内)
託児所 あり(院内保育所で24時間保育に対応)

正規職員の募集

毎年、50人以上の募集が出されています。応募や採用の状況によっては三次程度まで募集が継続される場合もあり、2015年に新棟である小児医療センターの開設もあって小児系スタッフが必要とされています。

既卒者へ向けの受け入れ体制

希望をすれば、優先的に病院見学やインターンシップが実施されています。仕事とプライベートのバランスを保ちつつ、しっかり看護を実践することのできる環境が整えられています。

岐阜県総合医療センターの教育制度

現任教育プログラム

上質の看護を実現すべく看護そのものに関する力に加えて人間関係力やマネジメント力のほか指導力、研究力も高めていきます。

判断力や観察力を身につけながら高度な医療へ対応していくようになり、最終的にはチーム医療のコーディネートまでを可能にしていく環境があります。

教育目的に沿った教育プログラム

専門の教育担当師長が配置されているほか新人職員に対しては年齢の近いエルダーが仕事だけでなく精神面や生活面、学習方法までの支援をしています。

主体的なキャリアアップへ取り組んでいくことで、専門看護師や認定看護師も視野に入れることができるようになります。

岐阜県総合医療センターの特徴

新生児センターや救急センターが併設されていて、あらゆるがんの治療も行われています。地域の医療機関ともしっかり連携していて、診断から在宅ケアへ至るまでスムーズな治療が実現されるよう環境を整えています。

高度で最先端の医療が常に提供されるよう力を入れていて、さまざまな急性期の疾患に対応しています。治療にあたっては、複数にわたるの診療科の医師によるカンファレンスのもとで決定されます。