久万高原町立病院の基本求人情報

病院名 久万高原町立病院
住所 愛媛県上浮穴郡久万高原町久万65
病床数 一般:47床、療養:30床
看護師数 34名
交通 車の場合、国道33号線沿いにある町立図書館前の道を入ったところ
車通勤 可能(無料駐車場あり)
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給188,900円~268,300円(経験年数に応じて基本給の加算あり)
賞与 年2回(6月・12月、計3.95ヶ月分)
手当 夜間勤務手当(月4~5回)、時間外勤務手当(月平均5時間)、特殊業務手当(16,800円~)、扶養手当、住居手当(最大27,000円)、通勤手当(実費支給、上限なし)など
勤務時間 変則2交替制(日勤A:8時半~17時15分、日勤B:8時~16時45分、夜勤:16時~翌7時)
休日・休暇 週休2日制、年次有給休暇(20日/年)、特別休暇(夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇他)など
福利厚生 市町村職員共済組合加入など
看護師寮 看護師宿舎あり(鉄筋コンクリート造・2階建1棟、6戸)
託児所 なし

久万高原町立病院における看護師の中途採用は、欠員状況に応じて、随時行われています。

学歴、経験、年齢については不問です。勤務場所には病院の外来・病棟のほか、併設されている訪問看護ステーションや老人保健施設あけぼのがあり、勤務地の希望相談が可能となっています。

勤務形態については、病棟勤務では夜勤ありとなっており、日勤7時間45分(休憩1時間)、夜勤16時間(仮眠2時間)の勤務時間となります。

また、短時間労働も相談可能で、子育て中のママさんナースなどでも、応募しやすくなっています。正職員のほかパート勤務も相談可能となっているため、興味がある場合には、まずは問い合わせてみるとよいでしょう。

久万高原町立病院の教育制度

久万高原町立病院では、統一したマニュアルに沿った医療・看護・介護を提供するための、看護師教育が行われています。

一般病棟、療養病棟、在宅支援における、看護の専門性を高める研修などが実施されており、個々が主体となって、積極的に自己研磨に努める環境が整えられています。病棟や他部門とも連携した院内研修から、幅広い院外研修の場までが設けられており、継続した教育支援を受けることができるようになっています。

病棟には一般病床のほか療養病床も設けられているため、おもに高齢者に対する、看護スキルを磨きやすいと言えるでしょう。

地域に密着した環境で、医療・保健・福祉といった幅広い観点から看護を追求し、自分のレベルに合わせて、看護の質を高めて行くことができます。

久万高原町立病院の特徴

久万高原町立病院は、昭和22年に久万町国民健康保険久万厚生病院として開院したのち、町村合併や病院移転などを経て、平成16年に現在の名称で開設された、国保直診の自治体病院となります。

おもに地域包括ケアとして医療、保健、介護サービスが提供されており、診療科には内科・外科・整形外科・リハビリテーション科・小児科・眼科・歯科・心療内科・精神科が設置されています。

院内には在宅支援センターおよび老人保健施設あけぼのが併設されており、高齢者が自立した生活を送ることができるよう、支援が行われています。通院が困難な患者に対する訪問診療や訪問リハビリ、居宅療養管理、短期入所、居宅介護支援や、歯科保健センターによる在宅訪問歯科検診などの保健事業も行われています。

父二峰診療所、面河診療所といった地域医療機関とも連携して、地域医療の充実と、質の向上に貢献をしています。

また医療保健活動のほか、医師・研修医の育成にも貢献しており、院内には地域医療を学ぶことができる、地域サテライトセンターが設置されています。

地域サテライトセンターでは、愛媛県からの寄附講座として開設された地域医療学講座が開講されており、おもに愛媛大学大学院医学系研究科の5年生を対象として、施設などでの研修が実施されています。