みよし市民病院の基本求人情報

病院名 みよし市民病院
住所 愛知県みよし市三好町八和田山15番地
病床数 122床
看護師数 50人
交通 名鉄豊田線黒笹駅で下車してさんさんバスに乗車しみよし市民病院停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 211,189円から
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 通勤手当、住居手当、扶養手当、夜勤手当、夜間看護手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時30分から午前9時15分
休日・休暇 年間休日120日、年末年始休暇、年次有給休暇(20日)、結婚休暇、忌引休暇、介護休暇など
福利厚生 社会保険など
看護師寮 なし
託児所 なし

正規採用

毎年、常勤のスタッフが採用されています。採用選考としては面接試験、クレベリン検査が実施されています。

臨時非常勤職員の募集

随時の受け付けが行われていて選考も応募に応じて実施され、採用されると契約日から翌年3月までの雇用期間となりますが年度契約更新もあります。

勤務時間は1週間につき35時間で1日あたり7時間45分以内となっていて、給料については時給制で1,125円となっていますが経験年数による変動もあります。

みよし市民病院の教育制度

副看護師長による担当のもと、スタッフは1ヶ月ごとに自己評価を行いそのチェックにもとづく指導が行われます。問題のない点についてはミスが起こらないように継続し、足りていない部分は問題を解決することが服できるよう指導します。

みよし市看護師学資金

将来的な就業を目指している看護学生へ向けて設けられている制度であり、看護学校を卒業してからすぐ勤務することを条件として1ヶ月につき50,000円が貸与されいます。

返還は勤続年数に応じて免除されるようになっていて貸与期間に満たない期間で退職すると一部を返還し、看護学校を退学した場合や就業しなかった場合は全額を返還します。

みよし市民病院の特徴

三好町立三好診療所を前身としていて、2001年に三好町民病院として開院しました。2010年に市制が施行されたことで、現在の名称となっています。

医療を進歩させ、その質を向上させるために取り組んでいます。その中で2001年には、愛知県内においてもっとも早く電子カルテを導入しています。

在宅医療の実施

訪問看護ステーションとの連携によって、行われています。通院することが難しく在宅で過ごしたいという患者さんに対して医師が訪問し、療養の管理や指導にあたります。