静岡県立こども病院の基本求人情報

病院名 独立行政法人静岡県立病院機構静岡県立こども病院
住所 静岡県静岡市葵区漆山860
病床数 279床
看護師数 445人
交通 静鉄新静岡駅、JR静岡駅からしずてつジャストラインこども病院線に乗車しこども病院停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給218,072円から
賞与 年2回(約4.1ヶ月分)
手当 夜勤手当、夜間看護等手当、地域手当、時間外勤務手当、扶養手当、通勤手当、住居手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時30分から午前9時
三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(20日)、夏季休暇(5日)、家族休暇(3日)、看護休暇(5日)、年末年始休暇(6日)、病気休暇、結婚休暇、出産休暇、忌引休暇、育児休業など
福利厚生 地方職員共済組合、マイプラン旅行補助制度、福利厚生代行サービス事業など
看護師寮 あり
託児所 あり(24時間保育)

正規採用の状況

静岡県立病院機構年に5回、採用試験を実施しています。静岡県内にある3つの病院で合同の募集となっていて、毎年採用計画にもとづき3病院合計で160人が定員となっています。

非常勤職員の募集

随時の募集に加え、看護学生を対象にして短期アルバイトのスタッフも募集されています。小児看護の現場を体験したいという希望に対して機会を与えるというかたちで、5日間という短期間ですが働くチャンスはあります。

静岡県立こども病院の教育制度

新人教育の内容

新規採用看護師研修は入職1日目にスタートし、病院職員であることを自覚するところから始まります。チューターシップを導入していて、1人の先輩が1人の新人について仕事の進め方や悩みを相談することのできる身近な存在となります。

多様な継続教育

レベル1からレベル5までのクリニカルラダーに加え、ステップ1からステップ5までのこども病院継続教育体系も整えられています。

そのほかにもフォローアップ研修やキャリアアップ研修、役付け研修といった院内教育企画に加えて県立病院機構が企画している専門研修などへも参加することが可能です。

静岡県立こども病院の特徴

1973年に静岡県内で専門病院を整備する取り組みとして、最初に県の中部に新設するとして計画されました。1977年に、全国でも6院目の小児専門病院として開院しています。

診療科目については、小児医療にあたって必要とされるほぼすべての診療科がそろっています。治療にあたっては、子どもたちと家族の自己決定権というものが尊重されています。

患者家族宿泊施設として、仮泊室のほか「コアラの家」が設置されていて、循環器病棟や外科系病棟には母子室があります。そのほか、ホテルとの提携も行われています。