つがる総合病院の基本求人情報

病院名 つがる西北五広域連合つがる総合病院
住所 青森県五所川原市字岩木町12番地3
病床数 438床
看護師数 要確認
交通 JR五能線五所川原駅、津軽鉄道津軽五所川原駅から徒歩約10分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給155,600円から
賞与 年2回
手当 夜勤手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、通勤手当、扶養手当、住居手当、単身赴任手当、勤勉手当、地域手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時15分から午後5時、準夜勤午後4時15分から深夜1時、深夜勤深夜0時15分から午前9時
休日・休暇 4週8休制、夏期休暇、年末年始休暇、介護休暇など
福利厚生 保険(社会保険、厚生年金、労災保険、雇用保険)、退職金制度など
看護師寮 あり
託児所 あり

年次採用

つがる西北五広域連合が、一括での看護師採用試験を実施しています。合格すれば原則としてそのまま勤務することとなりますが、場合によってはつがる西北五広域連合に所属しているほかの病院や診療所へ転勤となる可能性もあります。

不定期採用

欠員の状況などに応じて非常勤、パートとして勤務する職員が募集されています。ただし60歳定年制を設けていることから、定年を迎えた後で再就職を考えているという場合には難しくなっています。

つがる総合病院の教育制度

年間の教育計画は教育委員会が中心になって作成していて1年次から2年次、3年次そして4年次というように分けられています。

院内教育は集合教育と分散教育を交えたものとなっていて、そのほか院外教育として日本看護協会や全国自治体病院協議会などによって設けられている学習機会へ参加することも可能です。

新人教育

プリセプターシップが、導入されています。先輩のスタッフがプリセプターとなり、こまかな部分にわたるまでの指導を受けることができます。

継続教育

キャリアが5年次以降となると、各自が持つ目標などに合わせて教育プログラムが計画されることになります。専門性を伸ばす専門教育だけでなく、すべてのスタッフを対象とする一般教育に至るまで教育プランは幅広いものになっています。

救命救急や災害看護に関しては、それぞれのスタッフが確実にレベルアップしていくよう力を入れています。救急看護認定看護師が、指導にあたっています。

つがる総合病院の特徴

西北病院を前身として、2014年にあらたに開院しました。市立の総合病院であり、地域において中核病院として役割を果たしています。

手術室が拡張され最新の医療機器を導入するとともに、歯科口腔外科も新設されるなどしています。一般診療のほか急性期や高度な専門医療も含め、地域の医療へ幅広く貢献しています。