阿蘇市国民健康保険阿蘇中央病院の基本求人情報

病院名 阿蘇市国民健康保険阿蘇中央病院
住所 熊本県阿蘇市黒川1178
病床数 124床
看護師数 61人
交通 JR阿蘇駅から徒歩約10分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 153,300円から198.300円
賞与 年2回
手当 準夜勤手当(1回につき2,000円)、深夜勤手当(1回につき2,500円)、超過勤務手当、扶養手当、住宅手当、通勤手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 週休二日制、年次有給休暇、病気休暇、結婚休暇、産前休暇、産後休暇、夏季休暇、特別休暇など
福利厚生 各種社会保険、ユニフォームと靴の貸与など
看護師寮 あり
託児所 あり

定期的な採用

勤務態様に沿ったかたちで勤務することを条件として、1年につき4回の採用活動が実施されています。

選考試験については、小論文のほか面接が行われています。

中途募集

勤務形態とはじめとした労働条件の部分は、定期採用による入職者と変わりありません。

ただ給与の支給額は、入職までの経歴に見合った加算がなされることになります。

阿蘇市国民健康保険阿蘇中央病院の教育制度

新人教育

現場における教育は、プリセプターが担当するとともに師長やそのほかの先輩もかかわって、すべての職員が教育者となって新人を一人前のプロへと育てていきます。

1年間にわたりさまざまなスタッフが持っている看護技術を基礎から応用まで教わることによって看護の個別性も高まり、臨機応変な対応をすることが可能となります。

教育スケジュールは、1クールが3ヶ月として区分されていて、教育プログラムも段階的かる計画的に学ぶことのできる内容が用意されています。

順を追って学習していくことで医療や看護の基礎知識を身につけ、実践力も高めていきます。

継続教育

注射や点滴をはじめとして各種の看護ケアに関するさまざまな実技演習が企画されていて、しっかりした技術をもって看護の場で実践することのできるプログラムが組まれています。

そのほかに院内外で行われている研修や学会への参加も推奨していて、各人のレベルアップを図っています。

中途入職者へのフォロー

できるだけ早く安心して環境へ慣れることができるように、それまでの経験や持っているスキルを鑑みてのサポートがあります。

ブランクがある場合や未経験の部署へ配属された場合に必要がされば教育者もつくことになっていて、問題なく勤務することができる体制が整えられています。

阿蘇市国民健康保険阿蘇中央病院の特徴

地域医療の中核をなす医療機関として、特に生命を救う救急医療体制は確固たるものになっています。

2013年にはドクターヘリの運用に対応する環境が整えられ、緊急性の高い事態にも対応することができるようさらに医療体制が強化されました。

地域完結型というかたちへ向けてあらゆる疾患への対処も可能となるように内科や外科はもちろん、脳神経外科のほか循環器科、整形外科といった診療科それぞれの機能を強化しています。

CTやMRIなどといったように、各種の診療を向上させる医療機器についてさらなる充実も図っています。