岡崎市民病院の基本求人情報

病院名 市立岡崎市民病院
住所 愛知県岡崎市高隆寺字五所合3-1
病床数 700床
看護師数 要確認
交通 名鉄バスに乗車し市民病院停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給229,164円から
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 初任給調整手当、通勤手当、住居手当、時間外手当、夜間看護手当、夜間勤務手当、扶養手当、期末手当、勤勉手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時、準夜勤午後4時30分から深夜1時、深夜勤深夜0時30分から午前9時
二交替制:日勤午前8時30分から午後5時と午前8時30分から午後9時30分、夜勤午後8時30分から午前9時30分
休日・休暇 完全週休二日制、年末年始休暇、夏季休暇、年次有給休暇、結婚休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、特別休暇など
福利厚生 愛知県市町村職員共済組合、職員互助会、定期健康診断、各種健康管理制度健康保険組合、ユニフォームとナースシューズの貸与など
看護師寮 あり(個室で冷暖房完備)
託児所 あり(院内保育所「あいあい」で0歳から3歳を対象に土曜保育と夜間保育にも一部対応)

年次募集

年度ごとの職員採用試験は岡崎市の主催によって実施されていて、勤務を希望するにあたっては市の医療職を募集する公務員試験に合格しなければなりません。

求人の募集要項については市のホームページに加え、広報誌などでも告知がなされています。

中途募集

募集案内は請求に応じて郵送されるようになっていて応募書類を提出してから適性検査と作文、面接による選考が行われます。

看護師免許があれば応募することができ、病院見学についても随時の受け付けが行われています。

市立岡崎市民病院の教育制度

教育の体制は、新人職員研修のほか現任看護師に対する継続教育という二本の柱になっています。現場での体験も通じて成長していくことができるよう、現場の全体で教育のサポートにあたっています。

新人教育

1年間を通じて新人研修が継続的に実施されていて、そこで学んだことを実践しさらに振り返ることで一人前のスタッフに足る水準を目指していきます。

それを可能とするパートナーシップ体制がとられていて、2人のペアによる看護で万全のフォローが得られるとともに患者さんから見ても安全で無理がないサービスとなります。

現任教育

クリニカルラダーのもとでスタッフそれぞれにとって課題となる点や目標をはっきりさせ、目指す姿へ到達するために看護を実践しながら研修も受講していきます。

そのほか充実した奨学金制度も整備されていて専門看護師、認定看護師などといった専門資格の取得を目指す人材のサポートに力が入れられています。

市立岡崎市民病院の特徴

その歴史をさかのぼると古く1878年にはすでに、地域の公立病院として診療を開始していました。

それ以来時代の変化につれて地域の高齢化が進み、医療を必要としている人たちも増えてきている中で地元に根ざした医療が提供され続けています。

高度で先進的な医療に対するニーズが増している中にあって、地域へ貢献する公立市民病院として要望に応えるべく取り組んでいます。

特に救急医療への対応には精力的であり、着実に救命率を向上させてきている状況にあります。