山口県立総合医療センターの基本求人情報

病院名 地上独立行政法人山口県立病院機構 山口県立総合医療センター
住所 山口県防府市大字大崎77番地
病床数 504床
看護師数 500人
交通 山陽本線防府駅から車で約12分、山陽本線山口駅から車で約25分、山陽自動車道防府西ICから車で約5分、山陽自動車道防府東ICから車で約10分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給大卒206,000円、3年卒202,200円、2年卒190,800円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当、時間外勤務手当、住居手当、通勤手当、扶養手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 完全週休2日制、年次有給休暇、夏季特別休暇、病気休暇、介護休暇、結婚休暇、忌引休暇、産前産後休暇など
福利厚生 メンタルヘルス相談システム、互助会、親睦会、サークル活動など
看護師寮 あり
託児所 あり(午前7時30分から午後6時15分まで)

常勤職員の募集

年間を通じて随時、採用が行われています。地方独立行政法人山口県立病院機構の主導によって、進められています。

外来職員の募集

有期常勤職員として採用が行われていて、その中では採血を専門とするスタッフも必要とされています。勤務時間は午前8時30分からで相談することもでき、採血担当ですと午前7時から午後12時となっています。

病棟職員の募集

有期常勤職員のほか、有期短時間職員としても採用があります。夜勤専従で準夜勤と深夜勤の交替勤務をすることができると、特に歓迎されます。

中途採用職員の給与

時給は外来勤務ですと採血担当も含めて1,090円で設定されていて、夜勤専従では1,600円になっています。

夜勤に入ると夜勤手当や夜間看護手当として準夜勤で14,500円から16,500円、深夜勤で15,300円から17,300円も支給されるほか年2回で合計4万円程度の賞与もあります。

山口県立総合医療センターの教育制度

実践段階に応じた教育

個別のレベルに合わせてプリセプター制度やクリニカルラダー制度、エルダー制度がそれぞれ導入されています。研修や勉強会を通じ、キャリアアップを目指しての指導が行われています。

さらなるキャリアアップ

一定のレベルへ達してからは、キャリア開発に向けて多くの教育コースが設けられています。自分の将来について目標を設定し、そこに向かうための支援があります。

山口県立総合医療センターの特徴

1年間に対応している一次から三次までの患者さんは、合計するとおよそ15,000人に及んでいます。救急経由で入院している患者さんは、およそ3,500人です。

地域がん医療連携拠点病院であり、分野を問わず積極的ながんの治療が行われています。

また、基幹災害拠点病院や第一感染症センターとして大きな災害や新型のウイルスなどを予測しながら定期的に対応訓練も実施しているほか、へき地医療拠点病院として巡回診療や代診医師の派遣などにもあたっています。