寒河江市立病院の基本求人情報

病院名 寒河江市立病院
住所 山形県寒河江市寒河江塩水80
病床数 125床
看護師数 81人
交通 JR寒河江駅から徒歩約15分、JR西寒河江駅から徒歩約5分
車通勤
カルテの種類 オーダリングのみ
給与 基本給184,000円から204,000円
賞与 年2回(3.75ヶ月分)
手当 通勤手当、時間外手当、準夜手当(2,900円)、深夜手当(3,300円)など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 週休2日制、年次有給休暇(20日)、夏季休暇(6日)、年末年始休暇など
福利厚生 各種社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)、市町村職員共済組合など
託児所 なし

常勤スタッフの募集

地域医療に尽力する上でのスタッフが充足されていないということで、募集が出されています。

就業を希望するにあたっては詳細について事務室へ直接の問い合わせをすることになっていて、書類と面接による選考が行われています。

非常勤スタッフの募集

臨時看護師というかたちで有期のスタッフが必要とされているほか、外来と病棟で非常勤の職員も募集されています。

日勤の時間帯だけで勤務することができ、給料は時給で1,350円からの金額に設定されています。

寒河江市立病院の教育制度

100%患者さんの立場に立ちながら専門性を活かして業務を遂行することができ、求められているものに見合った看護を行うことができるように能力開発が行われています。

それとともに職場を活気のあるものとするために、専門職として確固たる基盤を持ちながらスタッフ同士でも信頼関係を築きチーム活動の推進にあたることができるようにしていきます。

新人研修に始まりキャリア3年目までの経年別研修で力をつけていくほか、自治会が主催して1年間に2回のリフレッシュ研修会も実施されています。

そのほかにも院内教育プログラムにもとづく研修や、年に1回の院内研究発表会も開催されています。

寒河江市立病院の特徴

西村山郡において中心的な都市となっている寒河江市を医療圏として、地域医療を通じた地域貢献とともに増加する高齢者に対する医療にも力を入れています。

地域貢献ということでは院内だけでなく、地域にあるほかの医療機関と連携し療養施設も支援しながら地域完結型医療の実現に務めています。

2011年に山形県が公表した「西村山地域における医療提供体制将来ビジョン」にもとづき、「寒河江市立病院アクションプラン」を策定して今後の方向性を明確にしました。

市立病院として役割をはっきりさせその機能へ特化していくべく、初期救急を中心としてニーズへ応える医療に取り組んでいます。