国東市民病院の基本求人情報

病院名 国東市民病院
住所 大分県国東市安岐町下原1456番
病床数 208床
看護師数 305人
交通 JR杵築駅から車で約30分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給200,000円から225,000円
賞与 年2回
手当 通勤手当(1ヶ月につき23,000円まで)など
勤務時間 交替制
休日・休暇 完全週休二日制、年次休暇(20日間)、リフレッシュ休暇、年末年始休暇(6日)、夏季休暇(3日)など
福利厚生 各種社会保険、奨学金制度など
看護師寮 あり(1DKの看護師宿舎で寮費月額9,000円)
託児所 あり(敷地内の保育所施設で休日保育や夜間保育などに対応するほか病児保育も実施)

正規職員の採用

年度ごとに新規採用のスタッフが募集されていて、看護師免許を持っているか取得見込みとなっていて35歳未満であれば応募することが可能です。

作文試験と面接試験、健康診断による採用試験を受けて翌年度の4月1日付で採用されることになります。

臨時職員の採用

国東市全体で看護職が不足していることもあり、臨時職員採用候補者名簿への登録希望者が募られています。

実際に職員が不足したタイミングで、名簿への登録者から必要条件に合致する人材の選考がなされて採用されることになります。

国東市民病院の教育制度

新人教育

新人スタッフは院内の全体で育てるための環境が整備されていて、基礎技術研修で実務の基本を身につけてから現場での実践を重ねていきます。

プリセプターシップのもとで先輩からマンツーマンによるサポートを受けることができるほか、臨床心理士が行うカウンセリングなどといったフォローもあります。

継続教育

新人研修のプログラムを一通り終えた後は、キャリアプランにもとづきクリニカルラダーに沿った研修で学んでいきます。

専門の看護スタッフとして自立してからは管理職、スペシャリストなどといったキャリアアップを果たすためのサポートもあります。

国東市民病院の特徴

1957年に安岐町国民健康保険病院として開院して以来、自治体病院として地域医療へ貢献してきました。2006年に国東市が発足したことを受けて現在の体制となり、地方公営企業としての運営が行われています。

内科や外科をはじめとして呼吸器科のほか消化器科、小児科などといった多くの診療科が設けられています。総合病院として安全な医療を提供しながら、院内設備などのさらなる充実にも取り組んでいます。