岩手県立宮古病院の基本求人情報

病院名 岩手県立宮古病院
住所 岩手県宮古市崎鍬ヶ崎第1地割11番地26
病床数 293床
看護師数 206人
交通 JR東日本山田線・三陸鉄道北リアス線それぞれ宮古駅から岩手県北バス乗車約15分、宮古病院前下車
車通勤 可能
カルテの種類 紙カルテ
給与 基本給180,500円~
賞与 年2回(年間約3.9ヶ月分)
手当 扶養手当、通勤手当、住居手当、期末手当、勤勉手当、寒冷地手当、超過勤務手当、夜勤手当、夜間看護手当、待機手当など
勤務時間 3交替制:日勤午前8時30分~午後5時15分、準夜勤午後4時30分~午前1時15分、深夜勤午前0時30分~午前9時15分、その他時差勤務・遅出勤務あり、夜勤は原則月8回以内
休日・休暇 週休2日制(週38時間45分勤務)、有給休暇、夏季休暇、結婚休暇、産前産後休暇、子の看護休暇、ボランティア休暇、忌引休暇、生理休暇、つわり休暇、介護休暇、育児休業制度、育児短時間勤務制度、自己啓発休業制度など
福利厚生 地方職員共済組合制度
看護師寮 あり
託児所 あり(院内1階に併設のあすなろ保育所、保育料3歳未満36,000円/月、3歳以上24,000円/月、午前7時30分~午後6時30分まで、延長保育・深夜保育・一時保育あり)

中途採用は不定期に行われています。看護師復職支援として研修プログラムが用意されており、現場を離れていた方が復帰する不安もサポートしてくれます。

また、院内に24時間体制の保育施設があるので小さなお子さんがいる方でも安心して働くことができます。

岩手県立宮古病院の教育制度

2013年よりパートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)を取り入れ看護師ふたりがパートナーになり共に患者さんのケアに取り組む教育をスタートしました。

新人看護師と熟練看護師がペアを組むことで双方が学び合い高め合うことができるシステムになっています。

そのほかにも院内研修や院外研修、医療局研修も準備されておりクリニカルラダーの認定を受けながらステップアップし認定看護師等の資格を目指すことも可能です。

岩手県立宮古病院の特徴

東日本大震災で甚大な被害を受けた宮古地域の医療の中核を担っており、地域災害拠点病院として緊急事態に24時間いつでも対応しDMATの整備もされています。

また地域がん診療連携拠点病院の指定を受けており、三陸地域で初のがんサロンも開設しました。地域に密着し信頼され親しまれる病院を目指し良質な医療の提供を行っています。