肝付町立病院の基本求人情報

病院名 肝付町立病院
住所 鹿児島県肝属郡肝付町北方1953
病床数 40床
看護師数 24人
交通 鴨池フェリー垂水港から車で約1時間、鹿児島市から高速道で約2時間
車通勤
カルテの種類 要確認
給与 151,400円から251,500円
賞与 年2回
手当 夜勤手当(1回につき9,000円)、勤務手当(1ヶ月につき4,000円)、扶養手当(1ヶ月につき1人あたり6,500円)、通勤手当、住宅手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、遅出午前10時30分から午後7時15分、夜勤午後4時30分から午前9時まで
休日・休暇 週休2日制、年末年始、年休(10日から最大40日)、夏季休暇(6日)、慶弔休暇など
福利厚生 各種社会保険(雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険)職員検診など
看護師寮 要確認
託児所 なし

スタッフは随時必要とされていて、条件としては肝付町内か近隣に居住することができなければなりません。交替勤務に対応することができ、夜間などの時間帯に緊急の呼び出しがあるときも応じることが求められます。

応募条件として、看護師免許を持っていて、過去に20床以上の医療機関で3年以上にわたって看護の実務を経験していることが必要です。

事務局宛てに写真を貼付した履歴書か、看護師免許の取得見込みであれば卒業見込証明書を持参するか郵送します。

肝付町立病院の教育制度

スタッフの数は多くない環境で、経験が問われる環境ではありますが職場へなじんでいくことのできるようなフォローもあります。

新卒からでもしっかりと勤めあげることができるよう、スタッフ全体でのサポートが行われています。

夜勤については2人体制ということもあり、早い段階で独り立ちしなければならない職場でもあります。地域の健康を守るためにも、一人前の医療人となるために必要な知識や技術を身につけていきます。

肝付町立病院の特徴

その歴史をさかのぼると1948年に町立診療所としてスタートし、1959年になって町立病院となりました。1984年に現在の場所へと移転して内科と外科に加え整形外科、眼科や泌尿器科という5つの診療科を設けています。

厳しい医療環境の中において、無医地区である岸良診療所には1週間のうちに2回という頻度で出張診療にあたっています。

その一方で診療体制のフォローとして周辺の医療機関から非常勤の医師を招いていて、幅広い症例へ対応することのできる体制を整えています。