新潟県立柿崎病院の基本求人情報

病院名 新潟県立柿崎病院
住所 新潟県上越市柿崎区柿崎412-1
病床数 55床
看護師数 40人
交通 JR信越本線柿崎駅から徒歩15分、タクシーで3分、バスに乗車し約5分の病院前停留所で下車して徒歩1分
車通勤
カルテの種類 紙カルテ
給与 大卒237,700円、3年卒231,900円、2年卒222,100円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 扶養手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(20日)、特別休暇、育児休業など
福利厚生 地方職員共済組合新潟県支部。共済組合の保養所利用、人間ドック、各種がん検診、貸付制度、退職金支給(勤続6ヶ月以上)など
看護師寮 あり
託児所 なし

定期採用については、新潟県病院局が実施しています。そのほかに不定期ながら、必要に応じて別途の採用も行われています。

短期間や短時間といった勤務の希望も相談することができ、就業時間は5時間50分か7時間45分です。任用期間については6ヶ月となっていて、それ以降は半年が経過するにつれて更新されていきます。

非常勤職員は、時給制で正看護師は1,125円から1,862円、准看護師は947円から1,659円となっています。夜勤手当は準夜勤で1回2,900円、深夜勤で1回3,300円が支給されます。

新潟県立柿崎病院の教育制度

新潟県病院局による病院局人材育成プログラムと、看護職員教育指針に沿ったものになっています。自分の責任にもとづいて学習する態度を養いながら看護実践能力を高め、社会人や職業人としても人間性を培います。

院内での教育機会

クリニカルラダー制度とプリセプター制度のもとで個々のレベルや成長に合わせた教育が行われ、能力を段階的に引き上げていきます。教育研修委員会が設置されていて、感染対策学習会や医療安全学習会などといった研修や勉強会もあります。

院外での教育機会

新潟県や病院局、全国自治体病院、看護協会などで主催している研修会等への参加を積極的に推進しています。また専門看護師や認定看護師などといったスペシャリストの育成にも力が入れられていて、働きながらも大学院へ進学するなどして資格を取得することが可能です。

新潟県立柿崎病院の特徴

1875年に設立されて以来、地域密着型病院として地域の健康増進に貢献してきました。地域健康講習会や地区産業まつりへの参加など、地域へ向けた活動にも取り組んでいます。

肥満や高血圧、糖尿病、高脂血症、アレルギー疾患への対応にも力を入れています。新潟県内にある大規模病院以外にも医療機関と連携し、専門医療や高度医療を提供しています。