奈良県立三室病院の基本求人情報

病院名 奈良県西和医療センター
住所 奈良県生駒郡三郷町三室1丁目14-16
病床数 300床
看護師数 299人
交通 JR・近鉄王寺駅か近鉄新王寺駅から徒歩約15分、奈良交通バスに乗車し笠町停留所で下車、西名阪香芝ICから車で約15分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 大卒277,473円、3年卒271,020円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 扶養手当、住居手当(27,000円まで)、通勤手当、時間外勤務手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時30分から午前9時15分
休日・休暇 有給休暇(20日)、夏季休暇(5日)、病気休暇、結婚休暇(7日)、産前産後休暇、ボランティア休暇、介護休暇など
福利厚生 地方公務員共済組合、公務災害補償、各種給付貸付制度など
看護師寮 あり
託児所 あり

看護師の採用は奈良県立病院機構が、一括して実施しています。採用試験のスケジュールについては、1年間の予定としてあらかじめ決定されています。

また、必要が生じた際に不定期で、嘱託職員や日々雇用職員が募集されています。正規職員に欠員が生じた場合や長期休暇中で人員不足となっている場合に、一時的な職員の補充が行われるのです。

常勤臨時職員の場合、給与は月給制で255,800円から295,100円となっています。賞与が年間で0.99ヶ月分と、通勤手当も支給されます。

パート勤務の勤務時間は午前8時30分から午後5時15分になっていますが希望を相談することも可能です。時給は正看護師が1,220円から1,430円、准看護師が1,030円から1,210円で夜間に入ると加算もあります。

奈良県立三室病院の教育制度

専門職として看護実践能力を開発するために、研修へ力が入れられています。現場での実践を通じ、人間的な成長も目指していきます。

心臓血管センターが開設されたことで、循環器へ対応することのできるスタッフが積極的に育成されています。研修の体制が豊富なものになっていて、自己研鑽へ努めることが可能です。

奈良県立三室病院の特徴

1972年に設立され、2014年になって民営化されています。地域支援病院として役割を果たすべく、急性期医療の充実など医療レベルの引き上げに取り組んでいます。

循環器病研究センターでは診療科という枠にとらわれず、全身の循環器にまつわる疾患に対処しています。また産婦人科の診療については奈良県立医科大学や奈良県総合医療センターとも連携し、異常分娩を含めた受け入れ体制が整えられています。