公立南砺中央病院の基本求人情報

病院名 公立南砺中央病院
住所 富山県南砺市梅野2007番地5
病床数 190床
看護師数 要確認
交通 JR城端駅から南砺市営バスに乗車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 初任給二年卒180,500円、三年卒188,900円、四大卒198,300円
賞与 年2回(約3.95ヶ月分)
手当 資格手当、通勤手当、住宅手当、準夜勤手当、夜勤手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後4時30分、準夜勤午後4時30分から深夜0時30分、深夜勤深夜0時30分から午前8時30分
休日・休暇 四週八休制、有給休暇、夏期休暇、特別休暇など
福利厚生 育児短時間制度、富山県市町村職員共済組合、健康診断、親睦会など
託児所 あり

新人スタッフの募集

看護師免許を取得済みであるか取得見込みであることを条件として、随時の採用選考が実施されています。

交付されている申込書のほか履歴書と卒業見込証明書か資格免許証のコピー、新卒者に関しては成績証明書も提出した上で作文試験に加えて適性検査と個人面接という試験に臨みます。

経験者の募集

看護師免許を持っていて実務経験があることを条件として、随時の受け付けが行われています。

応募する上で年齢や性別は不問とされていて、キャリアにブランクがあってもしっかりサポートする体制が整えられています。

公立南砺中央病院の教育制度

新人教育の枠組み

2009年から、新人教育にあたって厚生労働省の通達による新人看護職員研修ガイドラインを導入しています。

プリセプターシップのもとで新人職員がスムーズに現場へなじむことができるようサポートしているほか、チーム支援制も取り入れていて所属部署の全体で支援にあたるようにしています。

現任教育

クリニカルラダーによってそれぞれのスタッフが現時点でどのような状態にあるか、どのような課題があるかをはっきりさせています。

そこから各自の目標をクリアすべく、勉強会や院内外におけるさまざまな研修など多くの学習機会を活用して学んでいきます。

公立南砺中央病院の特徴

南砺広域連合が運営主体となって2002年に立ち上げられ、2006年に南砺市立の公的病院となりました。南砺市における高齢者の割合が非常に高くなっている状況下で、地域の健康を支えるべく在宅医療に力を入れています。

地域包括医療が進んでいるという地域性の中で、急性期のケアミックス型病院として役割を果たしています。疾患を早い段階で発見しまた生活習慣病の対策などにも役立てるために、人間ドックなどの充実にも力を入れています。