兵庫県立粒子線医療センターの基本求人情報

病院名 兵庫県立粒子線医療センター
住所 兵庫県神戸市北区山田町上谷上字登り尾3
病床数 50床
看護師数 19人
交通 JR山陽新幹線相生駅から車で約30分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 初任給2年卒282,348円、3年卒293,397円、大卒301,383円
賞与 年2回
手当 病院等看護業務手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時45分から午後5時30分、夜勤午後4時から午前9時30分
休日・休暇 週休2日制
福利厚生 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険など
看護師寮 なし
託児所 なし

兵庫県立病院が、一括で採用試験を実施しています。そのほか臨時採用として、産前産後休暇や育児休暇などのために長く休んでいるスタッフに代わる代替職員も募集されています。

兵庫県内では神戸市や姫路市、県外でも徳島市や岡山市、福岡市、福井市、那覇市に試験会場が設けられています。内容については適性検査のほか論文試験、面接試験が行われています。

兵庫県立粒子線医療センターの教育制度

兵庫県立病院看護師キャリア開発ラダーがベースになっていて、それぞれラダーから能力や技術を自分で判断します。そこから目指すものに合わせて目標設定し、能力に応じて研修を受けることができるようにしています。

新人教育の枠組み

プリセプター制度が導入されていて、新人が必要な知識について習得するまでプリセプターが責任を持って指導します。ほかのスタッフもフォローにあたり、教育担当看護師長は必要な知識を身につけることのできる研修を企画しています。

ステップアップ教育

マネジメントや臨床指導などといったようにレベルと合わせた教育が行われているほか、専門看護師や認定看護師を目指すためのキャリア開発支援もあります。資格を取得する上で必要な就学費用について、病院で負担する制度も整えられています。

兵庫県立粒子線医療センターの特徴

1987年に策定されたひょうご対がん戦略の中でがん治療プロジェクトとして、2001年に開設されました。世界においてはじめて陽子線治療、炭素イオン線治療の実施が可能になっているほか11種類の治療を手がけています。

治験のもとで、治療方法を改善するためにも研究に余念がありません。がんの治癒率を改善し、また世界に向けてもあらたな粒子線治療の情報発信地たるべく多方面から取り組みを続けています。