公立高島総合病院の基本求人情報

病院名 公立高島総合病院
住所 滋賀県高島市勝野1667
病床数 210床
看護師数 164人
交通 JR近江高島駅から徒歩約1分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 238,900円から
賞与 年2回
手当 通勤手当、住居手当、扶養手当、時間外勤務手当など
勤務時間 外来は日勤のみ:午前8時30分から午後5時15分
病棟は三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 年次休暇、夏季特別休暇(3日)など
福利厚生 各種社会保険など
看護師寮 あり(近隣のマンション)
託児所 なし

中途採用のスタッフは常時の募集が行われていて、問い合わせ先は院内の病院総務課となっています。

看護師免許を持っていれば応募することができ、学歴や実務経験の有無については問われません。

採用された場合には地方公務員としての待遇となり、給与の算定にあたってはこれまでのキャリアも鑑みられています。

病棟で勤務する場合には希望に応じて日勤専従や交替勤務で出勤することができ、交替制では夜間勤務にも対応します。

公立高島総合病院の教育制度

看護職として仕事をする上で必要とされる知識や技術を身につけるのみならず、設定した目標へ向けてステップアップしながら一人の人間としても成長していくことができるような基礎教育が進められています。

一律的な教育ではなく、個々の希望にも応えるかたちで多種多様な教育研修を受けることができます。

毎日の業務に取り組みながら実践力を自分のものにしていって、実務へ積極的に取り組む姿勢も養います。

新人看護研修ではまず社会に貢献する専門職業人であるということを自覚し、1年間にわたる教育プログラムで学ぶほか医療安全や災害看護などといったように各専門分野の知識を深める全体研修にも参加します。

公立高島総合病院の特徴

小さな診療所として1950年に開設されて1958年に病院となり長く滋賀県内において湖西地域中部、北部の地域医療を守りながら基幹病院として機能してきました。

2013年度からは災害拠点病院としての役割も強化すべく、5年越しとなる改革プランの途上にあります。

大阪や京都からのアクセスも良い立地にあることで、地方の公立病院ながら多くの医療機関と活発な交流が行われています。

もちろん近隣の診療所などといった医療機関とも連携体制をとっていて、地域に医療サービスが行き渡るよう尽力しています。