刈田綜合病院の基本求人情報

病院名 刈田綜合病院
住所 宮城県白石市福岡蔵本字下原沖36番地
病床数 308床
看護師数 181人
交通 JR白石駅から白石市民バスに乗車し刈田病院で下車
車通勤 応相談
カルテの種類 要確認
給与 大卒203,400円、短大3卒191,300円、短大2卒182,900円
賞与 年2回(4.1ヶ月分)
手当 期末手当、勤勉手当、通勤手当、住居手当、扶養手当、夜間勤務手当、夜間看護手当、時間外勤務手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 四週八休制、年次有給休暇(20日)、特別休暇、病気休暇、介護休暇など
福利厚生 宮城県市町村職員共済組合、全国町村職員生活協同組合、退職金制度など
看護師寮 要確認
託児所 あり(生後6ヶ月から3歳未満を対象に午前7時45分から午後6時までの対応)

60歳未満であってすでに看護師免許を持っているか、取得する見込みになっていれば応募することができます。

応募にあたっては市販されている履歴書のほか看護師免許証のコピーか成績証明書、指定の自己紹介書も病院のホームページからダウンロードして提出します。

作文試験には1時間の時間をかけて、1題の課題で必要とされる表現力や思考力などを判断します。

そのほか個別の面接試験によって、人間性にまつわるところの総合的な評定を行うことになります。

刈田綜合病院の教育制度

教育にあたってゆとりを持った体制を実現させるべく、2人の実地指導者を配置して教える側にとっても落ち着いた環境が整えられています。

実地指導者や教育担当者も学びを実践へつなげるべく毎年4月から9月の前期に大体月2回、10月から翌年3月の後期には月1回というペースで実施されている集合研修に参加しています。

新人スタッフを対象にして自分の適性をしっかり見極める目的で1ヶ月ごとに内科系や外科系、また急性期と慢性期といった各病棟で実務にあたるローテーション研修が行われています。

またスキルアップの目的で認定看護師を志しているスタッフについては支援対象になると認定看護師研修へ派遣されるというかたちをとっていて、これによって認定看護師研修へ参加している間も給与の支給対象となります。

刈田綜合病院の特徴

その歴史は古く1882年にまでさかのぼり、宮城県立宮城病院白石分院として創設されました。

1957年には現在の名称へと変更されていて、2002年になって現在の場所へと新築移転されています。

地域においては基幹病院として機能していて、周辺に立地している医療機関とも連携を密にしています。

思いやりをもった安全かつ良質の医療によって患者さんの安心を確保し、信頼へとつなげています。