愛媛医療センターの給料と待遇

給与 短大2卒180,500円~
賞与 年2回(6月と12月に3.95ヶ月分)
手当 業績手当、住居手当、通勤手当、時間外勤務手当、夜間看護手当、夜勤手当、専門看護等手当、特殊業務手当、診療看護手当など
勤務時間 三交代制:日勤8:30~17:15、準夜勤16:15~翌日1:00、深夜勤0:30~9:15
休日・休暇 4週8休、週休2日、年次有給休暇、病気休暇、結婚休暇、産前・産後休暇、夏季休暇、年末年始休暇、子の看護休暇、介護休暇、育児休暇など
福利厚生 国家公務員共済組合法に基づく共済組合加入、厚生労働省第二共済組合加入、育児短時間勤務、看護師寮、保育所完備、ユニホームとナースシューズの支給、育児休業制度、介護休暇制度、大学・大学院進学支援制度、全国143系列病院内の転属・異動希望可能など
看護師寮 あり
託児所 院内保育園あり

愛媛医療センターの基本情報

病院名 愛媛医療センター
住所 愛媛県東温市横河原366番地
病床数 459床
看護師数 約240人
交通 伊予鉄道高浜横河原線横河原駅下車で徒歩7分、自家用車では高速道路川内インターより約5分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

愛媛医療センターの看護師中途採用実績

愛媛医療センターでは、中途採用で複数の看護師を募集し、採用試験は小論文試験と面接試験が行われています。臨時的任用看護師も募集していて給与や休暇、諸手当に関しては新人看護職員募集要件と同様です。

ほかのスタッフと協力しつつ、患者さんの目線で温かみのある看護を行うことのできる看護師が求められていて、育児世代でも働きやすいように子育てへの支援を充実させ、院内保育所や時間短縮勤務などが活用されています。

愛媛医療センターの教育制度

愛媛医療センターにおいては看護職員能力開発プログラムをもとにして、卒後1年目から5年間をかけて計画的に段階的に知識や技術を習得することのできる教育システムがあります。専門職として責任を持って患者さんとかかわることができるように人間性、精神面も充実させていきます。

卒後6年目以降では、組織の管理にもかかわる役割を見据えて新人教育担当や実習指導者、リーダー、看護管理者などの教育も行われます。資格を取得するための支援、そのために必要な教育機関へ通学するための休暇制度、奨学金制度なども用意しています。

院内外で実施されている研修へ参加する際にも、シフトの調整などに対応しています。

愛媛医療センターの特徴

愛媛医療センターは昭和14年に結核、呼吸器疾患の治療を進める目的で設立されました。結核の患者数が減少したことから、現在は政策医療や地域医療を手がける病院として民間での対応が難しい分野の医療にあたっています。

機能回復センターを稼働させる計画もあり、呼吸器や循環器、運動器、神経系のリハビリに特化して機能回復病院としての機能を持たせることが予定されています。隣接する愛媛大学病院四国がんセンターとの間で、相互協力関係も築かれています。