宇都宮病院の給料と待遇

給与 月給242,000円~(経験年数等に応じ加算。主要手当含む)
賞与 年2回(6月・12月、計3.95ヶ月分)
手当 住宅手当(27,000円)、準夜手当(1回3,200円)、深夜手当(1回3,700円)、通勤手当(55,000円まで)など
勤務時間 3交替制(日勤:8時半~17時15分、準夜勤:16時15分~翌1時、深夜勤:0時半~9時15分)※平成26年9月4日より2交替制勤務も導入
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(年間20日、翌年へ最大20日間繰越可能)、夏季休暇(3日)、年末年始休暇、慶弔休暇、育児休暇、介護休暇など
福利厚生 各種保険完備(雇用・健康・厚生・労災)、育児短時間制度、退職金制度あり
看護師寮 院内併設の看護宿舎完備(ワンルーム、寮費月5,000~10,000円)
託児所 院内保育所完備(8時半~17時半、延長保育あり、利用料月30,000円前後)

宇都宮病院の基本情報

病院名 宇都宮病院
住所 栃木県宇都宮市下岡本町2160
病床数 一般:250床、重症心身障がい:100床、結核:50床
看護師数 193名
交通 JR宇都宮線「岡本駅」から徒歩10分、東武宇都宮線「東武宇都宮駅」から東野交通バス「JR岡本駅行」または「岡本台病院行」で約30分
車通勤 可能(駐車場無料)
カルテの種類 電子カルテ

宇都宮病院の看護師中途採用実績

宇都宮病院における看護師の中途採用は、常勤および非常勤での募集で随時行われています。

常勤看護師については新卒者と同時に募集が行われる傾向があり、勤務開始日は4月1日からというのが一般的です。非常勤看護師については主に欠員が出た際などに募集が行われ、中途採用実績としては平成26年度に若干名の募集が行われました。

勤務条件は、病棟勤務で週32時間勤務、基本的に日勤のみの勤務となりますが夜勤についても要相談とされています。

非常勤看護師の給料は時給制で時給1,410円で設定がされていますが、他に健康保険・厚生年金への加入などといった福利厚生があり、賞与が年2回支給されます。応募に際しては、市販の履歴書、および看護師免許証コピーの提出が求められています。

宇都宮病院の教育制度

宇都宮病院では、国立病院機構の「看護職員能力開発プログラム(ACTyナース)」を基にした新人看護師教育スケジュールパスが看護師教育に活用されています。看護師としての基本的な能力を修得するための新人コースから始まり、2年目以降は実務Ⅰコース、実務Ⅱコースと概ね5年間を目安として段階的にスキルアップすることができるシステムです。

教育担当者による学習支援やサポート体制も充実しており、技術習得に関する支援から精神面でのサポートまで安心して働きながら学ぶことができる環境が整えられています。また、宇都宮病院では認定看護師教育課程や看護学校教員養成課程などの受講、および専門看護師を目指すための大学院進学を希望する看護師を対象として、時間的・金銭的、勤務上の支援なども行われています。

他にも研修会や学会への参加費の支援制度が設けられているなど、スキルアップ制度が充実しておりキャリアアップを目指すにはとても良い環境です。

宇都宮病院の特徴

宇都宮病院は、昭和4年に宇都宮市立療養所として創設された後、改称・統合等を経て、平成16年4月に独立行政法人国立病院機構宇都宮病院として発足した国立病院です。

主に骨・運動器系の難病や結核を含む胸部慢性呼吸器疾患、育成医療、重症心身障がい、内分泌疾患に関する医療を専門とし、慢性期疾患から急性期疾患まで専門性の高い医療を幅広く提供しており、地域のケアミックス病院としての機能を果たしています。

また、高齢者の肺炎や認知症などをテーマとした市民公開講座を開催するなど地域とのふれあいや支援にも積極的に貢献をしています。

看護部においては、平成26年9月1日より10対1の看護体制を7対1へと変更し、より質の高い安全な看護に取り組んでいます。