横浜医療センターの給料と待遇

給与 大学4年卒198,300円、短大3年卒188,900円、短大2年卒180,500円、助産師201,100円
賞与 年2回、年間基本給等の3.95ヶ月分(医業収支が良好な場合は、年度末賞与を別途支給)
手当 夜間看護手当(二交代約10,500円/1回、三交代約5,000円/1回)、専門看護手当(専門看護師5,000円、認定看護師3,000円/月)、診療看護師手当(月額60,000円)、救急呼出待機手当(待機1回につき2,000円)、派遣手当(業務した日1日つき4,000円)、住居手当(借家は月額最高27,000円)、通勤手当(上限55,000円)、特殊業務手当(精神病棟12,500円、救急救命センター12,500円)、地域手当、時間外手当、扶養手当など
勤務時間 日勤8:30~17:15、準夜勤16:30~翌1:15 深夜勤0:30~9:15その他早出、遅出あり、病棟によって二交代勤務で週38.75時間勤務
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(最大20日間付与、最大20日翌年に繰越可能)、夏季休暇、病気休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇など
福利厚生 国家公務員共済組合加入可能
看護師寮 あり
託児所 あり

横浜医療センターの基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構 横浜医療センター
住所 神奈川県横浜市戸塚区原宿三丁目60番2号
病床数 510床(一般470床、結核40床)
看護師数 474名
交通 JR東海道線戸塚駅、横浜市営地下鉄戸塚駅よりバスで約20分~30分、「横浜医療センター前」下車
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

横浜医療センターの看護師中途採用実績

定期採用は独立行政法人国立病院機構関東信越グループとして一括で試験を行い採用が決定されますが、中途採用は各病院独自で行っており詳細はホームページに掲載されています。

現在は、助産師を若干名や夜勤専従の非常勤看護師の募集を行っています。雇用形態はパート職員で勤務時間は16:30~翌9:15(特定の曜日における週2回の勤務。曜日は応相談)、時給1,780円、その他夜勤手当等を含めると月収は約30万円です。雇用期間の定めはなく、年度毎の更新が必要です。

横浜医療センターの教育制度

「おもいやりの心をもって患者中心の看護をする」が実践できるよう、看護師育成プログラムを立てて教育を行っています。看護の基礎である知識・技術・態度を育て、医療や社会の変化に柔軟に対応できる自律した看護師の教育です。

看護実践を行いながら、同時に様々な演習や体験、研修も数多く行われており、トレーニングルームが完備されています。また「見るだけの夜勤体験」をすることで看護師の生活リズムを知り、看護職への理解も高めています。

機構独自の看護師能力開発プログラムによってステップアップを図り、専門・認定看護師などスペシャリストの養成、ジェネラリストの養成にも力を入れており、個々のレベルに合わせ着実にキャリアアップしていくことが可能です。

横浜医療センターの特徴

1943年(昭和18年)年に戸塚海軍病院として設立され、様々な改革を経て2004年に現在の名称となりました。29の診療科目を持ち、地域医療支援病院、横浜市南西部地域中核病院として指定を受けています。

がん診療の機能が充実しており、セカンドオンピニオン外来、緩和ケアチームによる心身への痛み軽減の支援、がんに関する相談支援センターの設置等を行っており、がん診療連携指定病院にもなっています。

救命救急センター、エイズ治療拠点病院、地域周産期母子医療センター、神奈川県災害医療拠点病院等、様々な機能を持つ急性期の地域医療の基盤としての役割を果たしており、質の高い高度な専門医療を提供し、地域完結型医療を目指しています。