岡山医療センターの給料と待遇

給与 基本給180,500円~198,300円(経験に応じて基本給の加算あり)
賞与 年2回(6月・12月、計3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当(3,200~3,700円)、夜間看護等手当、特殊業務手当、専門看護手当(専門看護師5,000円、認定看護師3,000円)、通勤手当(月額55,000円まで)、住居手当(借家は最高月額27,000円)、扶養手当、休日手当など
勤務時間 3交替制(日勤:8時半~17時15分、準夜勤:16時半~翌1時15分、深夜勤:0時半~9時15分)、早出・遅出あり
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(最大20日/年)、病気休暇、特別休暇(結婚、産前・産後、保育時間、夏季、災害、慶弔、ボランティア、子の看護など)
福利厚生 厚生労働省第二共済組合加入、退職金制度あり(勤続6ヶ月以上)
看護師寮 田益(病院敷地内)および伊福に独身用看護師宿舎あり(1K個室、ミニキッチン・ユニットバス・クローゼット・下駄箱付き)、田益宿舎:12,600円/月(修繕積立・共益費込)、伊福宿舎:16,500円~17,500円/月(修繕積立・共益費込)
託児所 院内託児所あり(日中のみ、未就学児まで)

岡山医療センターの基本情報

病院名 岡山医療センター
住所 岡山県岡山市北区田益1711-1
病床数 609床
看護師数 611名
交通 路線バス(天満屋~国立病院行もしくは三門経由国立病院行)に乗車し「国立病院」で下車
車通勤 不明
カルテの種類 電子カルテ

岡山医療センターの看護師中途採用実績

岡山医療センターにおける看護師の中途採用は、採用試験が年数回(平均8回ほど)実施されており、応募資格は看護師または助産師の資格を有することで経験年数等については不問です。

応募に際にしては、履歴書(指定の様式)、看護師免許証または助産師免許証コピー、養成機関の卒業証明書または卒業証書コピーを郵送にて提出することが必要です。指定の履歴書については、病院サイト上からダウンロードすることができます。

また、正職員以外にも非常勤(パート)看護師についても随時募集が行われています。非常勤(パート)看護師の場合では、配属先が病棟で勤務時間については日勤・準夜勤・深夜勤で要相談の上、週32時間以内のシフト制となります。

時給は1,290円、他に通勤手当が支給、また勤務月数によりボーナスが年2回支給されます。

岡山医療センターの教育制度

岡山医療センターでは、国立病院機構の「看護職員能力開発プログラム(ACTyナース)」を基本として職員全員で支援するOFFJT(集合教育)およびOJT(職場内教育)による看護師教育が実施されています。目標管理ポートフォリオにて経年別にSTEP1~4までの研修プログラムが企画されており、段階的にステップアップすることができるシステムです。

STEP1が新人(1年目)、STEP2・前期が2年目、STEP2・後期が3年目、STEP3が4、5年目、STEP4が6年目以上といった目標達成年数が設定されており、目標達成へ向けて全職員による教育支援が行われています。

また、さまざまな院外研修への参加の場も多数設けられており、継続して主体的に看護の専門性を追求することができる環境が整えられています。

岡山医療センターの特徴

岡山医療センターは、昭和20年に陸軍病院から引き継いで国立岡山病院として発足した後、移転や病棟新設などを経て平成16年に独立行政法人国立病院機構岡山医療センターとして開院した国立病院です。

地域がん診療連携拠点病院や地域医療支援病院、地域災害拠点病院などに指定がされており、地域医療に大きく貢献をしています。

内科、小児科をはじめとした幅広い診療科が設置されているほか、総合周産期医療センターでは成育医療に力が入れられていて、1991年には世界で初めて母乳保育を中心とする「赤ちゃんにやさしい病院」としてユニセフから認定を受けました。

病院理念としても「人にやさしい病院」が掲げられ、質の高い医療の提供だけではなく、医師や看護師をはじめとした医療人の育成にも力が入れられており医療従事者を対象としたさまざまなセミナーや講習会、研修などが開催されています。