釜石病院の給料と待遇

給与 初任給は看護師の2年過程で180,500円、3年過程で188,900円、大卒で198,300円
賞与 年2回
手当 夜間看護手当、住居手当、通勤手当など、通勤距離5kmの場合諸手当60000円
勤務時間 シフト制度(3交代制)日勤8時30分~17時15分、準夜勤16時15分~1時15分、夜勤0時30分~翌9時15分
休日・休暇 4週8休
福利厚生 退職金制度あり
看護師寮 なし
託児所 あり

釜石病院の基本情報

病院名 国立病院機構岩手病院
住所 岩手県一関市山目字泥田山下48番地
病床数 180床
看護師数 89名
交通 釜石線小佐野駅から徒歩20分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ

釜石病院の看護師中途採用実績

釜石病院では年度別の採用の他に、若干名の常勤の看護師の中途採用があります。

年度別の看護師の募集は、北海道東北ブロックにある他の国立病院機構の病院と一緒に募集がかかり採用となるため、第一希望の病院に決まらなければ第二希望以下の病院に決まることもあります。一方、中途採用については釜石病院が直接に採用を決めます。

試験に関しては、願書を出した後に論文と面接があり、その後に採用される病院から直接合否の結果連絡が届きます。

釜石病院の教育制度

釜石病院の看護部の理念は、患者や家族の立場に立って心のこもった看護を実践することです。正確で安全な看護を患者に提供できるよう様々な技術研修を受けることができ、倫理的な感性を養うこと、科学的な根拠に基づいて患者の視点に立って看護を行えることを目指して看護師の育成に力を注いでいます。

院内の研修だけでなく、院外研修についても釜石病院では積極的に参加を支援し、5年目までの看護師には看護職員能力開発プログラムとして幅広い看護を学ぶことが出来るよう病院側がサポートしています。

また、5年目以降の看護師には更なるステップアップを目指せるようにサポートし、専門看護師、または認定看護師を目指している看護師、またはジェネラリストを目指している看護師、看護管理者や看護教員を目指している看護師に対して一人ひとりが目標に近づけるようにバックアップ体制を整えています。

釜石病院の特徴

釜石病院は昭和28年に創立され、当初は結核患者の療養所として建てられ結核病棟が180床ありました。しかし、結核患者が減ったこともあり昭和42年から重症心身障害児病棟に80床、昭和49年から小児病棟に50床、そして昭和55年からリハビリテーション病棟に50床転換され、現在は結核病棟が廃止されました。

現在は重症心身障害児や重症脳卒中後遺症、神経難病、頭部外傷後遺症などを専門に取り扱っている病院です。

釜石病院では、職員の資質の向上を重要視しており、病院全体で教育委員会活動を行い、職員が学会発表や研修会に参加するときには旅費や参加費の補助も行っています。