関門医療センターの給料と待遇

給与 看護師の初任給が2年課程で180,500円、3年課程で188,900円、大卒で198,300円
賞与 年2回(3.95ヶ月)
手当 夜間看護手当、住居手当、通勤手当など
勤務時間 シフト制度(3交代制)日勤8時30分~17時15分、準夜勤16時30分~1時、深夜勤務12時30時~翌9時15分
休日・休暇 4週8休
福利厚生 共済組合加入
看護師寮 なし
託児所 なし

関門医療センターの基本情報

病院名 国立病院機構関門医療センター
住所 山口県下関市長府外浦町1-1
病床数 400床
看護師数 344名
交通 長府駅(JR山陽本線) 車7分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ

関門医療センターの看護師中途採用実績

関門医療センターでは、国立病院機構中国四国グループとして一括で看護師採用を行い、応募者の第一希望を優先して配属病院が決定されます。ですから、第二希望以下の病院で採用が決まることもあります。

試験は第一希望を関門医療センターにすれば、関門医療センターで受験します。試験内容は800文字程度の小論文と面接試験です。

また、他にも不定期で中途看護師の募集があります。

関門医療センターの教育制度

関門医療センターでは、独立行政法人国立病院機構看護職員能力開発プログラムActyナースに基づいて看護師の教育を行い、新人看護師については各種の技術研修や3ヶ月、6ヶ月、1年目研修の中で先輩看護師がプリセプターとして後輩の指導に当たります。

また、2年目以降の看護師についてはリーダーシップ研修やプリセプター研修を行い、他の看護師を率いたり先輩として新人を教育する力を磨きます。看護師全体では看護研究や熟練看護師研修を受けることも可能です。

また、専門分野を極めたい看護師に対しては認定看護師が中心となって救急看護、摂食嚥下看護、がん看護、褥瘡看護、医療安全などの専門的な研修を開き、自分の進みたい分野の専門的な知識を研修で身につけることができます。

サポート体制がしっかり整っているため、研修を受けることで看護師一人ひとりが自分の目指す道を決めて、自分のやりたいと思う看護が出来る知識や技術を身につけることができるのです。

関門医療センターの特徴

1891年赤間関要塞病院として設立された関陸軍病院、1939年に山口県立小串結核療養所として設立された国立療養所小串清風荘、1944年に広島陸軍第一病院小串転地療養所として創設された国立山口病院の3病院が統合して国立下関病院となり、2004年に改称されて現在の国立病院機構関門医療センターとなりました。

2005年には3次救急医療機関に指定され、2009年に場所を移して2010年には災害拠点病院として指定を受けています。

病院の理念はあらゆる先駆けとなる医療に果敢に挑戦し、病気克服の最良の道を患者とともに歩むこと、そして次の世代を育み無限の可能性を引き出すことです。