久里浜医療センターの給料と待遇

給与 基本給180,500円~198,300円(経験年数等に応じて基本給の加算あり)
賞与 年2回(6月・12月、計3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当、夜間看護等手当、専門看護手当(認定看護師・専門看護師)、診療看護師手当、救急呼出待機手当、派遣手当、住居手当(月額最高27,000円)、通勤手当(月額最高55,000円)、地域手当(都市手当)、扶養手当、時間外勤務手当、特殊業務手当(重症心身障害児(者)病棟・筋ジストロフィー病棟・結核および精神病棟・救命救急センター)など
勤務時間 2交替制(日勤:8時半~17時15分、夜勤:16時45分~翌9時)、3交替制(日勤:8時半~17時15分、準夜勤:16時15分~翌1時、深夜勤:0時半~9時15分)
休日・休暇 4週8休制、国民の祝日、年末年始、年次有給休暇(年間20日、翌年へ最大20日間繰越可能)、病気休暇、結婚休暇、夏季休暇、忌引、出産休暇、配偶者の出産休暇、男性職員の育児参加のための休暇、子の看護休暇、介護休暇、育児休業など
福利厚生 共済組合加入(雇用・健康・厚生・労災)、退職金制度あり
看護師寮 あり
託児所 あり

久里浜医療センターの基本情報

病院名 久里浜医療センター
住所 神奈川県横須賀市野比5-3-1
病床数 一般病床:45床(医療法病床数86床)、精神病床:195床(195床)、医療観察法病床:45床(51床)
看護師数 185名(常勤175名、非常勤10名)
交通 京浜急行「京急久里浜駅」から野比海岸行きバスに乗車し「久里浜医療センター入口」で下車して徒歩1分、京浜急行「京急久里浜駅」から久里浜医療センター行きバスに乗車し「久里浜医療センター」で下車して徒歩1分、JR横須賀線「久里浜駅」から野比海岸行きバスに乗車し「久里浜医療センター入口」で下車して徒歩1分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

久里浜医療センターの看護師中途採用実績

久里浜医療センターにおける看護師の中途採用は随時行われ、主に夜勤可能な常勤看護師が募集されており、外来・病棟における内科・婦人科・精神科・歯科・アルコール科などでの看護業務全般が業務内容です。

中途採用では未経験者も歓迎されており、認定看護師等の資格があると待遇面において優遇がされています。

応募に際しては、履歴書、看護師免許証コピーの提出が求められており、場合によっては健康診断書の提出が求められることもあります。

中途採用者で、看護師寮への入寮や保育所の利用を希望する場合には、事前に空き状況を確認しておくことが必要です。また、非常勤(パート)についても随時募集が受け付けられているため、興味のある人は直接問い合わせてみると良いでしょう。

久里浜医療センターの教育制度

久里浜医療センターでは、国立病院機構の「看護職員能力開発プログラム(ACTyナース)」、および看護部の理念・教育方針に基づいた看護師教育が行われ、現任教育が充実しており政策医療分野の看護を深めるために必要な知識・技術・実践能力を高めるための教育や、研修・講習会参加などの機会が設けられています。

新人ナースに対しては、看護技術を磨く新人コース研修やリフレッシュ研修などが用意されており、職員全体を対象とした医療安全研修、院内感染防止対策研修、行動制限最小化研修、褥創研修など、幅広い研修や研究会、セミナーなども開催されています。

また、看護部では毎年看護部成果発表会の場が設けられており、看護の質を高めるための意気込みや工夫などが発表されています。

久里浜医療センターの特徴

久里浜医療センターは、昭和16年に横須賀海軍野比分院として創立されたのち、昭和20年に国立久里浜病院として発足、平成24年4月に独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターに名称変更された国立病院です。

昭和38年に国内で初めてアルコール依存症専門病棟を設置し、平成元年にはWHO(世界保健機関)から日本で唯一のアルコール関連問題研究・研修協力センターとして指定がされています。

おもにアルコール依存症治療を専門とするほか、精神疾患や認知症治療などにも力が入れられており内科・精神科・消化器科・リハビリテーション科・放射線科・歯科といった6つの診療科で地域医療に貢献をしています。

特徴ある部門としては、ネット依存治療部門や病的ギャンブリング治療部門、物忘れ外来などが設けられています。